ラファエロ「美しき女庭師の聖母」 一枚の絵から
  • オンライン講座

  • 望月 典子(慶応義塾大学教授)
講師詳細

 「美しき女庭師」と親しみを込めて呼ばれるラファエロの聖母子図は、ルーヴル美術館が所蔵する最も有名な作品の一つです。ラファエロは、レオナルド・ダ・ヴィンチやミケランジェロから学んだ成果を駆使し、ビラミッド型構図の中に、自然かつ優美な聖なる三人の人物を色彩豊かに配しました。聖母マリアとイエスの間の母と子の情愛や洗礼者ヨハネの深い崇敬の念を感じさせる場面は、隅々まで些かの弛みもなく緻密に構成されています。調和に満ちた風景や、美の模範というべきマリアの表情やポーズ、母の足に乗って膝に寄りかかるイエスの愛らしい姿など、ディテールも見逃せません。ラファエロの制作過程や細部に込められた象徴的意味、さらにこの作品が後世に与えた影響に目を向けながら、ラファエロの聖母子図の最高傑作と言われる作品を多角的に鑑賞していきましょう。(講師・記)

※図は、ラファエロ・サンツィオ《美しき女庭師の聖母》1507~08年、油彩、板、122×80cm、パリ、ルーヴル美術館


★シリーズ「一枚の絵から」の関連講座一覧はこちら↓↓↓
 https://www.asahiculture.jp/special/shinjuku/ichimainoe

〈ご案内事項〉
・本講座はオンラインセミナーアプリ「Zoom」ウェビナーを使ったオンライン講座です。パソコンやタブレット、スマートフォンで配信を見ることができます。受講者側のお名前や映像、音声は配信されません。
・本講座は受講者全員に後日アーカイブ動画(1週間限定配信)のリンクをお送りいたします。期間内は受講者は何度でもご視聴いただけます。
・配布資料がある場合はメールでご案内いたします。郵送はしておりません。
・開講日の前日夜までに受講者の皆様に講座視聴リンクと受講のご案内をメールでお知らせいたします。弊社からのメールが届かない事案が発生しておりますため、モバイルメールアドレス(docomo、ezweb、SoftBankなど)はなるべく使用しないようお願い申し上げます。メールが届かない場合は asaculonline001@asahiculture.com までお問合せください。
・Zoomのソフトウェアを必ず最新版にアップデートの上ご覧ください。スマートフォンやタブレットで視聴する場合はZoomアプリを事前にダウンロードしてください。
・ネット環境による切断やその他アプリの障害が起きた場合には、当社は責任を負いかねます。 またやむを得ない事情により実施できなかった場合は、受講料の全額をお返しいたします。
・第三者との講座視聴リンクの共有や貸与、SNSを含む他の媒体への転載、また、講座で配布した教材を受講目的以外で使用することは著作権の侵害になりますので、固くお断りいたします。
・オンライン講座の申し込みはWEB決済のみで承ります(開講日前日まで)。キャンセルは開講日の4日前まで承ります(手数料550円)。キャンセルの場合はasaculonline001@asahiculture.comまでご連絡ください。その後のキャンセルはできませんのであらかじめご了承ください。

この講座は終了しました

注意事項

・本講座はZoomウェビナーを使用したオンライン講座です。開講日の前日夜までに受講者の皆様に講座視聴リンクと受講のご案内をメールでお知らせいたします。メールが届かない場合は、asaculonline001@asahiculture.com までお問合せください。
・ソフトウェアを必ず最新版にアップデートの上ご覧ください。受講者全員に後日アーカイブ動画(1週間限定配信)のリンクをお送りいたします。

日程
2022/12/10
曜日・時間
土曜 13:00~14:30
回数
1回
受講料(税込)
会員 3,300円 一般 3,850円

講師詳細

望月 典子(モチヅキ ノリコ)
慶應義塾大学文学部教授。博士(美学)。著書: 『ニコラ・プッサン ― 絵画的比喩を読む』(慶應義塾大学出版会、地中海学会ヘレンド賞受賞)、『タブローの物語』(三田哲学会叢書)、『西洋美術の歴史 (6) 17~18世紀』(共著、中央公論新社)、『新古典主義美術の系譜』(共著、中央公論美術出版) ほか。