小説執筆のための取材術

  • 黒木 亮(作家)
講師詳細

 入念な取材にもとづく精緻で骨太な作品に定評があり、経済・社会派小説の第一線で活躍を続けるロンドン在住の作家・黒木亮氏が、作品執筆や作家としての生き残りに最も重要な「取材術」について話します。
 情報ソースの探し方、図書館や様々なデータベースの活用方法、インタビューの申し込み方法、事前準備・話の聞き方・まとめ方、インタビュー後のフォローアップと追加取材のやり方、取材の苦労や面白さなどを、多数の画像や具体例を用いて、分かりやすく解説します。

この講座は終了しました
日程
2019/6/1
曜日・時間
土曜 18:30~20:00
回数
1回
受講料(税込)
会員 3,240円 一般 3,888円
その他
※教室は変更になる場合があります。当日の案内表示をご確認ください。

講師詳細

黒木 亮(クロキ リョウ)
1957年北海道生まれ。早稲田大学法学部卒、カイロ・アメリカン大学大学院(中東研究科)修士。銀行、証券会社、総合商社に23年あまり勤務し、国際協調融資や航空機ファイナンスなどを手がける。2000年に国際金融小説『トップ・レフト』でデビュー。主な作品に、『巨大投資銀行』、『法服の王国』、『鉄のあけぼの』、『島のエアライン』などがある。大学時代は箱根駅伝に2回出場し、ランナーとしての半生を自伝長編『冬の喝采』に描いた。1988年からロンドン在住。