エッセイ・サロン

  • 木村 治美(エッセイスト)
  • 木村 玉絵(エッセイスト)
講師詳細

三回に一度程度のペースでエッセイを提出していただき、合評の形で作品の完成度を高めていきます。たがいに味読し、ほめたり意見をいったりするうちに、鑑賞力、批評力、添削力も育つでしょう。エッセイを通して、自分以外のひとの人生や生活や考え方にふれながら、談論風発、サロンのような雰囲気です。年一回『小窓』が同人誌として皆さんの手で発刊されています。(講師・記)
エッセイストの木村治美さんと木村玉絵さんが交代で講師を担当します。

<作品提出について>
作品の提出方法については、教室でご案内致します。

この講座は、ご入会が必要です。会員でない方は、ご入会の手続きをお願いいたします。
この講座は新規の方の定員が満席です。前期からひき続き受講されている方のみお申し込みできます。

受付一時中止

注意事項

新型コロナウイルスの感染拡大予防のため、3/13は休講、4/10に補講を行ないます。4月期は5/8からスタートいたします。

日程
2019/10/11, 11/8, 12/13, 2/14, 4/10
曜日・時間
第2週 金曜 10:30~12:30
回数
5回
受講料(税込)
会員 17,050円 
教材費(税込)
教材費 1,650円
持ち物など
<作品提出について>
A4横原稿(縦書き25文字×40行)2枚まで。教室、郵送またはメールで提出ください。締切は講座日の1週前必着です。
作品提出アドレス:kouzainfo4@asahiculture.com
・2名の講師が隔週交代で担当します。
その他
※教室は変わる場合があります。10階と11階の変更もあります。当日の案内表示をご確認ください。

講師詳細

木村 治美(キムラ ハルミ)
1932年、東京に生まれる。東京教育大学文学部英米文学科卒業、同大文学研究科博士課程修了。著書『黄昏のロンドンから』(PHP研究所)で第8回大宅壮一ノンフィクション賞を受賞し、エッセイストとして幅広く活躍中。著書に『黄昏のロンドンから』(PHP研究所及び文春文庫)、『静に流れよテムズ川』『主婦の天気図』『エッセイを書きたいあなたに』『エッセイを書くたしなみ』(以上文芸春秋)『六十代からのエッセイ教室』(海竜社)ほか。「月刊 公募ガイド」に『エッセイを書くたしなみ』連載中。
木村 玉絵(キムラ タマエ)
作家、翻訳家。フランスでの滞在中から執筆活動を開始。各メディアに主にフランスをテーマにしたエッセイ、小説、翻訳などを発表。東京農業大学短期大学部にて非常勤講師として文章表現の授業を担当する他、エッセイの添削講師などを務める。著書に「霊感の泉」(講談社)木村治美エッセイストグループ嘱託。