優美なシエナとヴェローナの聖堂と美術館

  • シエナ大聖堂
  • 塚本 博(明治学院大学講師)
講師詳細

 トスカーナ地方のシエナとヴェネト地方のヴェローナは、ともに中世後期に優美な美術が興りました。シエナ大聖堂には床モザイクや彫刻があり、絵画館にはシエナ派の名画が展示されています。
 また、ヴェローナではピサネッロの壁画が国際ゴシック様式の魅力を伝え、カステル・ヴェッキオ美術館にはヴェネトの名画が並びます。
 この講座では、シエナとヴェローナの聖堂と美術館を取り上げ、中世後期の優美な絵画や彫刻が都市国家の中でどのように誕生したかを探求します。(講師・記)

☆塚本先生の講座「フィレンツェ美術の起源と隆盛」は、
10/12、10/26、11/9、12/14(月13:00-14:30 全4回)

お申し込み
日程
2020/11/21
曜日・時間
土曜 15:30~17:00
回数
1回
受講料(税込)
会員 3,300円 一般 4,400円
その他
※教室は変わる場合があります。10階と11階の変更もあります。当日の案内表示をご確認ください。

講師詳細

塚本 博(ツカモト ヒロシ)
1950年東京生まれ。早稲田大学大学院文学研究科美術史学博士課程修了。明治学院大学講師、横浜市立大学講師。毎年、旅行社の海外美術の旅を立案し、同行講師として欧米各地に赴いている。著書『イタリア・ルネサンス美術の水脈』(三元社)、『西洋古代美術とギリシア神話』(DTP出版)、『すぐわかる作家別・ルネサンスの美術』(東京美術)訳書E.カメザスカ『マンテーニャ』(東京書籍)、G.フォッシ『フィリッポ・リッピ』(東京書籍)、R.ゴッフェン『ティツィアーノの女性たち』(三元社)、R.ゴッフェン『ルネサンスのライヴァルたち』(三元社)。詩集『地中海と大理石』(DTP出版)。