英国王室の伝統と先進性 ロイヤルスタイルを世界がどう受けとめたのか

  • 『ロイヤルスタイル英国王室ファッション史』書影
  • 中野 香織 氏
  • 中野 香織(服飾史家)
講師詳細

 イギリス王家の人々の個性ある生き方とファッションは、世界中の関心を惹きつけてやまない。地位と結びついた装いや言動、恋愛や結婚は何を示し、人々はどのように受けとめたのか。威光と親しみやすさ、神秘性と共感、伝統と先進性を、王室はいかに存続させてきたのか。
激動の時代のなかにあっても、タフに、したたかに王室が輝き続ける秘訣として、ファッションが少なからぬ貢献をしています。王室メンバーのファッション(スタイル)が、イギリス国民のみならず、世界中の人々の心を動かしているのです。ロジックのみでこれは不可能です。
原理原則主義ではなく、愛と寛容に基づく現実適応主義による強くしなやかな生命力を誇る英王室。ファッションを通して近現代のロイヤルファミリーの歴史を概観しながら、ロイヤルな(気高い)生き方についても考えます。(講師・記)

<参考図書>中野香織著『ロイヤル英国王室ファッション史』(吉川弘文館)*当日書籍販売を予定いたしております。

この講座は、初回からの受講料を全額いただきます。

この講座は終了しました
日程
2019/9/28
曜日・時間
土曜 13:30~15:00
回数
1回
受講料(税込)
会員 3,240円 

講師詳細

中野 香織(ナカノ カオリ)
株式会社Kaori Nakano 総合研究所代表取締役。服飾史家として男女ファッション史から最新モード事情まで研究・執筆・講演をおこなうほか、企業のアドバイザーを務める。昭和女子大学客員教授。日本フォーマルウエア文化普及協会顧問。日本経済新聞、読売新聞、北日本新聞に長年にわたり連載記事を執筆しているほか、雑誌・ウェブなど多媒体にてエッセイや取材記事を執筆中。著書『ロイヤルスタイル 英国王室ファッション史』(吉川弘文館)、『紳士の名品50』(小学館)、『モードとエロスと資本』(集英社新書)、『ダンディズムの系譜 男が憧れた男たち』(新潮選書)ほか多数。公式HPwww.kaori-nakano.com に単行本未収録の記事など過去作品の一部を転載。最新の掲載情報はTwitter:kaorimode1