通信講座 短文力を鍛える文章教室~「素粒子」元筆者に学ぶ 新… 8月受講開始
  • 教室開催

  • 講師の真田正明さん
  • 真田 正明(元朝日新聞論説副主幹)
講師詳細

自宅で学べる通信講座です。

ハガキやメール、Twitter、新聞投稿など短い文章を書く機会は多いもの。しかし、簡潔な文章で要領よく思いを伝えるのはなかなか難しい。朝日新聞夕刊コラム「素粒子」で、短文で時事問題を鋭く切り続けてきた真田さんに手ほどきしていただきます。
毎月1本、600字程度の文章を提出していただきます。何を書いたらいいかわからない、という方のために課題を用意しますが、課題にとらわれず自由に書いていただいて結構です。書ききれなかった思いがあれば、別紙に書き添えて。真田さんが短文に仕立てて、講評とともにお返しします。
3カ月に1回、公開講座を予定しています(別料金)。オンライン受講もできます。受講者の作品を実例に、より魅力的でわかりやすい文章にするには、どこを削り、何を足したらいいか、実践的に解説指導します。

作品の提出は月末締め切り(必着)。
Webからでも郵送でも受け付けます。
添削作品は締切日の3週間~1カ月後にお返しします。
詳細はお申し込み後にお渡しする「受講の手引」をご覧ください。

この講座は、初回からの受講料を全額いただきます。

お申込みはお電話03-3344-1941で
日程
/
曜日・時間
回数
6回
受講料(税込)
会員 21,450円 一般 21,450円
その他
受講期間は8月から6カ月間です。
教材は入金確認後10日前後でお送りします。
この講座は朝日カルチャーセンターに入会する必要はありません。
新規のご受講に限りこのホームページから申し込めます(お支払いはクレジットカードになります)。
ご継続の方にはコンビニエンスストアからの振り込み用紙を送っています。
※教室と共通の書式を使っているため、一部に通信講座に関係のない表現がありますがご了承ください。

講師詳細

真田 正明(サナダ マサアキ)
大阪市生まれ。京都大学文学部哲学科卒。1980年朝日新聞入社。警視庁キャップ、プノンペン、ジャカルタ支局長、アジア総局長(バンコク)、名古屋報道センター長などを経て論説副主幹。2010年11月から18年3月まで夕刊のコラム「素粒子」を担当。高校、大学ではラグビー部に所属。