【教室受講】コロナ禍の漢方と養生

  • 平地講師
  • 漢方イメージ画像
  • 平地 治美(鍼灸師・薬剤師)
講師詳細

漢方は慢性病をゆっくり治すイメージが強いかもしれませんが、じつは感染症とともに発展してきた歴史があります。感染症の予防、初期から末期までの経緯と治療方法が書かれている医学書「傷寒論」は現代の感染症対策にも有効です。
本講座では新型コロナウィルスとは漢方的に見るとどのようなものなのか、そしてコロナ禍における、感染防止対策として漢方的な日常の過ごし方を学びます。(講師記)

お申し込み

注意事項

※緊急事態宣言のため日程が変更 休講7/24⇒補講9/25(土)15:30-17:00
また、【オンライン受講】でも受講できるようになりました。

【オンライン受講】をご希望の方はこちら↓↓↓からお申し込みください。
https://www.asahiculture.jp/course/shinjuku/a8c77729-c281-2661-4252-60e9329768f3

日程
2021/9/25
曜日・時間
土曜 15:30~17:00
回数
1回
受講料(税込)
会員 3,300円 一般 4,400円
設備費(税込)
165円
持ち物など
受講券をご持参ください

講師詳細

平地 治美(ヒラヂ ハルミ)
和光鍼灸治療院・漢方薬局代表。千葉大学医学部非常勤講師、日本東洋医学会代議員。朝日カルチャーセンター、津田沼カルチャーセンター等で漢方関連の講座を担当。明治薬科大学薬学部卒業後、漢方薬局勤務を経て東洋鍼灸専門学校に入学、不妊の漢方治療の大家(6000名を妊娠させた)寺師睦宗氏に漢方、石原克己氏に鍼灸、 クリシュナ U.K 氏にアーユルヴェーダ医学を学ぶ。
著書:「げきポカ」(ダイヤモンド社) 「舌を見る・動かす・食べて健康になる」(日貿出版) 「さわれば分かる 腹診入門」(日貿出版) 有料サイト:あばきワールド「治療家のための薬の基礎知識」、日貿出版コ2「感染症と漢方」を連載中。個人ブログ(無料)「平地治美の漢方ブログ」。