• トライアル可

英語で読み解く小泉八雲

  • 富士川 義之(英文学者)
講師詳細

1890年に来日以来、日本の古い物語や伝説、風習等に大層興味をもち、西洋中心主義者の上から目線ではなく日本を感受し、理解しようと努めたラフカディオ・ハーン(小泉八雲)は数多くの印象に残る、優れた作品やエッセイを残しました。
共通の要素をもつ現代フランス作家マルグリット・ユルスナールの短編「老絵師の行方」(『東方綺譚』所収)などを参照しながら読んだあと、自然や宇宙との一体感、つまり「万物は一なり」という神秘的な思想に到達した晩年の八雲文学のなかから”Pathological”(「玉の物語」)、”Of Ghosts and Goblins”(「幽霊と化けもの」)等の名エッセイを読み解きます。(講師記)

★★ご受講検討中の皆様へ★★
まずは、トライアル受講※(有料)をお願いしております
以下のフォームに、ご連絡先、トライアルご希望講座名、備考欄にトライアルご希望日をご記入ください。担当部署から折り返しご連絡いたします。
https://www.asahiculture.jp/form/shinjuku/gaikokugo

電話03-3344-1948 (日・祝日は休)にてお問合せも承ります。
お問い合わせ時間:月~金 10:00~19:00 土10:00~18:30

※トライアル受講とは?
・レッスンの進め方、レベルや教室の雰囲気を知っていただくための1回お試し受講です。原則、講座開講日であれば、いつでも受講できます。事前にご予約下さい。
・トライアル当日に、新宿住友ビル10階のインフォメーションカウンターにて受講料1回分を現金でお支払い下さい。



この講座は、ご入会が必要です。会員でない方は、ご入会の手続きをお願いいたします。

この講座は終了しました

注意事項

3/6休講→ 6/19補講をいたします。既にお申し込み・ご予約頂いている方へは、葉書またはメールでご案内致しますのでご了承下さい。
■■新型コロナウイルスの影響拡大に伴い、4/3は休講になりました。補講日は未定です。(2021年1月の日程は調整中の為、仮日程です) 4/2記。4月期の4/17も休講です。
新型コロナウイルスの感染拡大予防のため、3/6は休講、4/3に補講を行ないます。
初めてこちらのクラスにご参加の方は、トライアル受講をお願いしております。
本文のご案内をご確認ください。

日程
2020/1/17, 1/31, 2/7, 2/21, 6/19
曜日・時間
第1・3・5 金曜 15:15~16:45
回数
5回
受講料(税込)
会員 18,700円 
持ち物など
・コピー代を実費でお支払いしていただくことがあります。(※恐れ入りますが、現金払いのみで承ります)。
その他
・教室は変わる場合があります。10階と11階の変更もあります。当日の案内表示をご確認ください。

講師詳細

富士川 義之(フジカワ ヨシユキ)
1938年生まれ。東京大学大学院博士課程修了。東京大学文学部教授、駒澤大学文学部教授を歴任。専門は英国の世紀末とモダニズム文学。著書に『きまぐれな読書』『新東西文学論』(みすず書店)、『ある唯美主義者の肖像』(青土社)、『英国の世紀末』(新書館)。訳書にナボコフ『セバスチャン・ナイトの真実の生涯』(講談社文芸文庫)、『青白い炎』(岩波文庫)、ワイルド『ドリアン・グレイの画像』(講談社)、ベイター『ルネサンス』(白水社)、アンジェラ・カーター『血染めの部屋』(ちくま文庫)、『ブラウニング詩集』(岩波文庫)など多数。2015年、「ある文人学者の肖像―評伝・富士川英郎」(新書館)が、第66回読売文学賞の評論・伝記賞を受賞。