1日体験 短歌道場 実作と批評

  • 佐佐木 幸綱(朝日歌壇選者)
講師詳細

 実作と批評は、鳥の翼のようなもので、両方がそろわないと高く飛ぶことができません。実作を楽しみつつ、一方で、短歌作品の読みを批評的に深めてゆくことができればと考えています。さらに、現代歌壇の動向・古典和歌の骨格を知ることも、論・作を充実させていゆくためには不可欠です。随時、そうした情報もしゃべってゆきたいと思っています。特に初心者を歓迎します。(講師・記)                                                

受付一時中止

注意事項

■新型コロナウイルスの影響拡大に伴い、■新型コロナウイルスの影響拡大に伴い、4/16休講→5/21補講 4/2記

日程
2020/5/21
曜日・時間
第3週 木曜 10:30~12:30
回数
1回
受講料(税込)
会員 3,410円 一般 3,410円
持ち物など
~講座の進め方~
講評が中心の講義形式で行いますが、1日体験の方は聴講のみの参加となりますので、あらかじめご了解ください。投句のプリントは当日お渡しします。レギュラー講座では、事前に課題の句を提出していただき、当日プリントにして教室で配布いたします。

講師詳細

佐佐木 幸綱(ササキ ユキツナ)
1938年東京生まれ。祖父の信綱が創刊した「心の花」に作品を発表。古典和歌に関する評論も多い。2009年3月まで早稲田大学政治経済学部教授。現代歌人協会理事長。「心の花」主宰。朝日歌壇選者。02年紫綬褒章受賞。著書に『旅の歌』『佐佐木幸綱の世界』『万葉集の<われ>』『語る 俳句 短歌』(黒田杏子氏編、金子兜太氏との共著)『現代短歌文庫・佐佐木幸綱歌集』など多数。