開始時間変更 「こころ」とヒトの治癒する力を巡る仏教僧と脳外…

  • 山下良道さん・左/篠浦伸禎さん・右
  • 山下 良道 (鎌倉一法庵住職・ ワンダルマ仏教僧)
  • 篠浦 伸禎(脳外科医)
講師詳細

脳神経外科医である篠浦伸禎医師は、脳腫瘍の外科的手術、特に覚醒下手術の第一人者。その最先端の現場で発見したのが、患者自身の自然治癒力。その不思議を探るうちに「こころ」が最大の要素であることが見えてきた。山下良道師は瞑想を教えることを通して、時にこころは暴走し、自己破滅に追い込む例を何度も見てきた。こころの持つ二つの面、暴走する負の面と、治癒する力。これは脳とどう関係するのか。実際に脳にメスを入れる脳科学者との対話を通して、この謎を解明します。

この講座は終了しました

注意事項

開始時間変更:18:00→17:00 
開始時間を前倒ししました。ご確認くださいませ。

日程
2021/2/6
曜日・時間
土曜 17:00~19:30
回数
1回
受講料(税込)
会員 3,850円 一般 4,950円

講師詳細

山下 良道 (ヤマシタ リョウドウ )
鎌倉一法庵住職。スダンマチャーラ比丘。1956年東京生まれ。東京外語大学仏語科卒業後、曹洞宗僧侶となる。1988年アメリカのヴァレー禅堂にて海外布教活動を開始。イタリアを経由して帰国後、京都曹洞禅センター、渓声禅堂で坐禅指導。2001年ミャンマーのパオ森林僧院にてテーラワーダ仏教の比丘になり、パオ瞑想メソッドを終了。2006年スリランカ、ネパールを経由して帰国。それ以降、鎌倉一法庵を拠点として、日本各地とインドで瞑想指導。現在の立ち位置は「ワンダルマ仏教僧」。著書『青空としてのわたし』『本当の自分とつながる瞑想入門』『光の中のマインドフルネス』。共著に『アップデートする仏教』『仏教3.0を哲学する』。最新刊は『「マインドフルネス×禅」であなたの雑念はすっきり消える』
篠浦 伸禎(シノウラ ノブサダ)
都立駒込病院脳神経外科部長 1958年生まれ。東京大学医学部卒業後、富士脳障害研究所、東京 大学医学部附属病院、茨城県立中央病院、都立荏原病院、国立国際 医療センターにて脳神経外科医師として勤務。1992年、東京大学医学部の医学博士を取得。同年、シンシナティ大学分子生物学部に留学。帰国後、国立国際医療センターなどで脳神経外科医として勤務。2000 年より 都立駒込病院脳神経外科医長として活躍し、2009 年より同病院脳神経外科部長。脳の覚醒下手術ではトップクラスの実績を誇る。「週刊現代」(2015年12月12日号)「人として信頼できるがんの名医100人」に脳領域で唯一選ばれるなど日本を代表する脳外科医師。