哲学する仏教・3 内山興正老師の思索をめぐって 内山老師の行き詰まり

  • ネルケ 無方(安泰寺住職)
講師詳細

曹洞宗の内山興正老師(1912-1998)は、大学で西洋哲学を学び、カトリックの神学校に教鞭をもつも、半年ほどで退職。そして、愛する妻を病気で亡くした悲しみのなか、「真実の自分」を追究するべく曹洞宗の澤木興道老師について出家得度しました。初版刊行から50年を経て、現代に甦った内山老師の仏教書『進みと安らい』。そこに記されていることは、科学技術が急速に進んだ時代への警鐘、坐禅の実践による「自己の構造」の分析など、自らの思索を巡らせ身心で考え抜いた哲学といっても過言ではないでしょう。2019年の今、哲学する仏教の原点ともいえる内山老師の思索をめぐって三人の弟子と一人の哲学者が語ります。

シリーズ(予定)
第1回 ◆坐禅・安らいつつ進む道◆ 前・曹洞宗国際センター所長  藤田一照
日時:5月8日 水曜 19:00-20:30 
第2回 ◆マインドフルネスという黒船来航前の内山老師◆
鎌倉一法庵住職  山下良道 
日時:5月22日 水曜 19:00-20:30 
第3回 ◆内山老師の行き詰まり◆       安泰寺住職  ネルケ 無方
 日時:6月14日 金曜 19:00-20:30 
第4回 ◆内山哲学は仏教を超える◆          哲学者  永井 均
日時:6月27日 木曜 19:00-20:30 
※参考図書:内山興正著『進みと安らい』(サンガ刊)


◆内山老師の行き詰まり◆
内山老師の数多い著書の中で、『進みと安らい』は著者の意向によって絶版されて、長い間入手不能となってしまった。「未熟だ」「掘り下げが足りない」とご自身が酷評したワケとは一体何だったのだろうか?「行きづまって、この話はお倉入り」…墓場まで持っていこうとした問題作をもう一度掘り起こそうと思う。『自己』から『進みと安らい』へ、そして『坐禅の意味と実際』、『生存と生命』を経て『御いのち抄』にいたるまで、内山老師があの『自己漫画』の世界をいかに広げ、どこまで掘り下げていったかを追求する。そのためには、老師から学ぼうとする私たちも自らのどん詰まりを自覚せざるを得ないだろう。(無方師・記)

この講座は終了しました
日程
2019/6/14
曜日・時間
金曜 19:00~20:30
回数
1回
受講料(税込)
会員 3,240円 一般 3,888円
その他
●教室が変更する場合がございます。エレベーター付近の掲示板でご確認ください。

講師詳細

ネルケ 無方(ネルケ ムホウ)
1968年3月1日、旧西ドイツ・ベルリン生まれ。7才の時、母と死別してから人生に悩む。16才で坐禅と出合う。高校時代から禅僧になる夢を抱いて、坐禅道場に通い続ける。1990年、春は京都大学の留学生として来日、秋から兵庫県の但馬地方にある曹洞宗・安泰寺に上山。半年間の禅修行。大学のドクターコースを中退、1993年から安泰寺で出家得度。8年間の雲水生活を経て嗣法。2001年から大阪城公園で「ホームレス雲水」として毎朝の坐禅会を開く。2002年に師匠の訃報を聞き安泰寺に戻り、檀家ゼロ、自給自足の寺の堂頭(住職)となる。国内外からの参禅者・雲水の指導にあたって坐禅三昧の生活を送っている。主な著書『迷える者の禅修行』、『裸の坊様』、『日本人に「宗教」は要らない』、『曲げないドイツ人 決めない日本人』、『今日を死ぬことで、明日を生きる』など多数。
安泰寺ホームページ:antaiji.org