もっと知りたい「怖い絵」展 新刊記念特別講座

  • 中野 京子(作家・独文学者)
講師詳細

 2017年に開催された「怖い絵」展は、今までにない切り口とダイナミックな展示で話題となり大成功を収めました。書籍「怖い絵」の作者であり、展覧会の特別監修を務めた中野京子さんの新刊「もっと知りたい「怖い絵」展」が11月に刊行予定です。今回は、8月に刊行された「欲望の名画」と合わせた新刊記念の特別講座です。ミレイ「オフィーリア」やモッサ「エル」などの作品を取り上げる予定です。深い考察とウィットに富んだ解説をお楽しみ下さい。

★「もっと知りたい「怖い絵」展」(KADOKAWA)及び「欲望の名画」(文春新書)の出版記念特別講座です。開講日に10階カウンターで書籍を販売いたします。
サイン会も予定しています。

お申し込み
日程
2019/12/14
曜日・時間
土曜 13:00~14:30
回数
1回
受講料(税込)
会員 3,300円 一般 3,960円
持ち物など
「もっと知りたい「怖い絵」展」(KADOKAWA)及び「欲望の名画」(文春新書)の出版記念特別講座です。開講日に10階カウンターで書籍を販売いたします。サイン会も予定しています。

講師詳細

中野 京子(ナカノ キョウコ)
作家・ドイツ文学者。北海道生まれ。著書に「怖い絵」シリーズ(角川文庫)「新 怖い絵」(KADOKAWA)「『怖い絵』で人間を読む」(NHK生活人新書)「はじめてのルーヴル」(集英社文庫)「名画で読み解く ハプスブルク家 12の物語」「同ブルボン王朝12の物語」「同ロマノフ家12の物語」「同イギリス王家12の物語」(光文社新書)「残酷な王と悲しみの王妃2」(集英社)「名画の謎」シリーズ(文春文庫)「美術品でたどるマリー・アントワネットの生涯」(NHK出版新書)「100分de名著ジュニア篇 シンデレラ」(NHK出版)など。2017年の「怖い絵展」で特別監修をつとめた。
ブログは「花つむひとの部屋」http://blog.goo.ne.jp/hanatumi2006