『大日本帝国』と戸籍 いくつもの「日本人」のかたち
  • 教室・オンライン同時開催

  • 遠藤 正敬(早稲田大学講師)
講師詳細

 戸籍は「家」や「血」の証明であり、日本の「国民」観念を支える道徳的な装置として「日本人」を律してきた。その戸籍が台湾、朝鮮、樺太といった植民地の人々を「帝国臣民」としてどのように管理し、支配したのか。また、明治からの新領土である北海道と沖縄、さらには日本が建国した満洲国において戸籍制度はいかに実施されたのか。そこには異民族に対する「同化」と「差別」という矛盾が生じていたのである。
2022年4月28日は日本がサンフランシスコ平和条約により主権を回復してから50周年であった。同じ日、日本に居住する朝鮮人、台湾人は一斉に「日本人」から「外国人」へと変動させられた。その過程で重大な意味をもったのがほかでもない戸籍であった。その点でも植民地支配と戸籍の関係をあらためて理解しておく必要がある。
本講座では、日本の植民地統治において戸籍の果たした役割を通して、「民族」や「血統」とは何か、「日本人」とは何かを問い直す。

第1回 北海道と沖縄
 明治国家において新領土として編入された北海道と沖縄。アイヌや琉球人といった異民族はいかに「日本人」として戸籍の管理に組み込まれたのか。両地域における戸籍制度の実施の過程と、「氏」の創設など戸籍を通じた同化政策の実態をたどってみる。

第2回 朝鮮
 朝鮮では、最も内地と近い戸籍制度が実施された。その一方で朝鮮には姓や本貫など日本にはない独特の伝統的家族法があった。そうした日本との慣習の違いをもつ朝鮮戸籍制度の特徴をさぐるとともに、「内鮮結婚」の奨励や創氏改名政策についても再考する。

第3回 樺太その他
 樺太は内地からの移住者が住民の大半であるという他の植民地にはない特徴があった。そこで戸籍はどのように管理されたのか。また樺太アイヌは戸籍上いかに扱われ、それは北海道アイヌといかなる違いがあったのか。その他、中国からの租借地である関東州、委任統治領である南洋群島についても取り上げる。


〈ご案内事項〉
・本講座はオンラインセミナーアプリ「Zoom」ウェビナーを使ったハイブリッド講座です。(講師は教室)パソコンやタブレット、スマートフォンで配信を見ることができます。受講者側のお名前や映像、音声は配信されません。
・本講座は受講者全員に後日アーカイブ動画(1週間限定配信)のリンクをお送りいたします。期間内は受講者は何度でもご視聴いただけます。
・配布資料がある場合はメールでご案内いたします。郵送はしておりません。
・開講日の前日夜までに受講者の皆様に講座視聴リンクと受講のご案内をメールでお知らせいたします。弊社からのメールが届かない事案が発生しておりますため、モバイルメールアドレス(docomo、ezweb、SoftBankなど)はなるべく使用しないようお願い申し上げます。メールが届かない場合は asaculonline001@asahiculture.com までお問合せください。
・Zoomのソフトウェアを必ず最新版にアップデートの上ご覧ください。スマートフォンやタブレットで視聴する場合はZoomアプリを事前にダウンロードしてください。
・ネット環境による切断やその他アプリの障害が起きた場合には、当社は責任を負いかねます。 またやむを得ない事情により実施できなかった場合は、受講料の全額をお返しいたします。
・第三者との講座視聴リンクの共有や貸与、SNSを含む他の媒体への転載、また、講座で配布した教材を受講目的以外で使用することは著作権の侵害になりますので、固くお断りいたします。
・オンライン講座の申し込みはWEB決済のみで承ります(開講日前日まで)。キャンセルは開講日の4日前まで承ります(手数料550円)。キャンセルの場合はasaculonline001@asahiculture.comまでご連絡ください。その後のキャンセルはできませんのであらかじめご了承ください。

この講座は終了しました

注意事項

・本講座はZoomウェビナーを使用した教室でもオンラインでも受講できるハイブリッド講座です。(講師は教室)。開講日の前日夜までに受講者の皆様に講座視聴リンクと受講のご案内をメールでお知らせいたします。メールが届かない場合は、 【asaculonline001@asahiculture.com】 までお問合せください。
・ソフトウェアを必ず最新版にアップデートの上ご覧ください。受講者全員に後日アーカイブ動画(1週間限定配信)のリンクをお送りいたします。

日程
2022/7/13, 8/10, 9/14
曜日・時間
水曜 15:30~17:00
回数
3回
受講料(税込)
会員 9,900円 一般 13,200円
設備費(税込)
495円

講師詳細

遠藤 正敬(エンドウ マサタカ)
1972年千葉県生まれ。早稲田大学大学院政治学研究科博士課程修了。博士(政治学)。早稲田大学台湾研究所非常勤次席研究員。早稲田大学、宇都宮大学等非常勤講師。専攻は政治学、日本政治史。著書に『天皇と戸籍-「日本」を映す鏡』(筑摩選書、2019)、『戸籍と無戸籍-「日本人」の輪郭』(人文書院、2017)、『戸籍と国籍の近現代史-民族・血統・日本人』(明石書店、2013)、『近代日本の植民地統治における国籍と戸籍-満洲、朝鮮、台湾』(同、2010)等。