花入れを編む  蛇の目筒花入

  • 講師作品
  • 講師写真
  • 池田 泰輔(竹楽会講師)
講師詳細

お茶席にも飾れる本格的な籠花入「蛇の目筒花入れ」を作ります。和花が美しく映え、床の間だけではなく、場所を選ばずお使いいただけます。
竹筒に直接材料を通し、籠地を編み上げる構造になっており、また竹筒の内側は漆を塗っておりますのですぐに花を活けることができます。1回の講義で完成します。
上質の材料を用い、講師が丁寧にご指導いたしますので、初心者の方でも安心してご参加ください。(講師記)


※教材手配の関係で2月25日までお申し込みをお願いいたします。
※教材費は教室で講師に直接お支払いいただきます。教材価格:税込1万円

お申し込み
日程
2021/3/4
曜日・時間
木曜 13:30~16:30
回数
1回
受講料(税込)
会員 7,700円 一般 8,800円
持ち物など
<各自ご用意下さい>エプロン 
*教材費は教室で講師に直接お支払いいただきます。税込み1万円

講師詳細

池田 泰輔(イケダ タイスケ)
1981年東京生まれ。武蔵野美術大学日本画学科卒業。卒業後、父である3代目池田瓢阿に師事。父と共に竹芸教室の講師を務め、三越本店、柿傳ギャラリーの展示会に出品。平成19年より茶道誌『淡交』の「会記の手引き」イラストを担当。平成26年『茶花大事典』(淡交社)の挿絵を担当。