【オンライン受講】鎌倉時代を学ぶ
  • 教室・オンライン同時開催

  • 本郷和人講師
  • 本郷 和人(東京大学教授)
講師詳細

長きにわたって続いた天皇と貴族の統治。そこに全く新しい存在である「武士」が参入してきた―それが鎌倉時代です。本来は武力を存在理由とした武士はいかにして集結し、将軍を頂点とする秩序を生みだし、幕府として歩み始めたのか。状況をとりとめなく説明していくのは研究者であれば誰でもできますので、私は本講座において、自身の研究成果に依りながら、「構造」を探求していきたいと思います。いっしょに考えていきましょう。(講師・記)
*なお、本講座は二期連続で行う予定で、承久の乱までをカバーします。

第一回 平将門が思い描いた、関東独立の夢 
 神田明神の祭神が平将門であるように、江戸周辺には将門伝説があります。なぜ将門は 語り伝えられたのか。なぜ新政権は「東国」なのか。「平将門―源賴朝ー徳川家康―東 京」の系譜に果たして必然性はあるのかを検証します。

第二回 平清盛が目指した、武士の政権
 保元の乱、平治の乱で頭角を現した平清盛は、全国の武士を結集しながら「新しい政権」 のイメージを模索してきます。私はパイオニアとしての清盛の構想、足利義満によって 実現されると考えますが、それはいかなるものでしょうか。

第三回 源平の戦い
 源氏と平氏は因縁のライバル同士? いえ、そんなことはないのです。では両者の本当 の関係とは。ライバルではないのなら、源賴朝はなぜ平氏を滅ぼしたのか? 源平の戦 いとは武士たちの独立戦争だった。それが私の試案ですが、その意味を解説します。

第四回 鎌倉幕府の成立
 幕府成立は何年か? 実は1185年でも、1192年でもよい。思い切って言ってし まうと、そんなことは「どうでもよい」のです。大切なのは、幕府とは何か、を考える こと。それが分かれば、成立年代の議論のありようが、自ずと見えてくるはずです。

第五回 奥州平泉攻め
 賴朝政権は藤原氏を滅ぼします。なぜか。その答えは源平の戦いにも応用できるはずな ので、今一度しっかりと考えましょう。あわせて藤原3代の栄華が許されていた当時の 国家像を考えていきましょう。

第6回 富士裾野の大巻狩と曾我兄弟の敵討ち
 賴朝はなぜ富士の裾野で大がかりな狩猟を催したのでしょうか。また他の資料ではほと んど見ることのできない矢口祭を紹介します。ついでその場で起きた曾我兄弟の敵討ち。 直後の源範頼の誅殺。これらは一定の関係性をもっているのではないでしょうか。

*ご参考(7月からの後編カリキュラムの予定です)
1  源賴朝の死 ―吾妻鏡の記事の欠如―
2  13人の合議制と梶原景時の失脚
3  源頼家の退場と比企の乱 比企一族の滅亡
4  北条時政の追放 畠山重忠・平賀朝雅事件 
5  源実朝の暗殺 和田合戦
6  承久の乱

※本講座はZoomウェビナを使用した教室でもオンラインでも受講できるハイブリッド講座です(講師は教室)。
※こちらは、【オンライン受講】の申し込みページです。
※【教室】でのご受講を希望の方はコチラ
https://www.asahiculture.jp/course/shinjuku/8cc053cf-90e0-869f-f348-61c0576dcf28

〈ご案内事項〉
・本講座はZoomウェビナを使用した教室でもオンラインでも受講できるハイブリッド講座です(講師は教室)。パソコンやタブレット、スマートフォンで配信を見ることができます。
・こちらは、【オンライン受講】の申し込みページです。
・本講座はメール登録のある受講者全員に後日アーカイブ動画(1週間限定配信)のリンクをお送りいたします。期間内は受講者は何度でもご視聴いただけます。
・配布資料がある場合はメールでご案内いたします。郵送はしておりません。
・開講日の前日夜までにメールアドレス登録のある受講者の皆様に講座視聴URLとパスワード、および受講のご案内をメールでお知らせいたします。弊社からのメールが届かない事案が発生しておりますため、モバイルメールアドレス(docomo、au、SoftBank、Y!mobileなど)はなるべく使用しないようお願い申し上げます。メールが届かない場合は asaculonline001@asahiculture.com までお問合せください。
・Zoomのソフトウェアを必ず最新版にアップデートの上ご覧ください。
・ネット環境による切断やその他アプリの障害が起きた場合には、当社は責任を負いかねます。 またやむを得ない事情により実施できなかった場合は、受講料の全額をお返しいたします。
・第三者との講座URLの共有や貸与、SNSを含む他の媒体への転載、また、講座で配布した教材を受講目的以外で使用することは著作権の侵害になりますので、固くお断りいたします。
・オンライン講座の申し込みはWEB決済のみで承ります(開講日前日まで)。キャンセルは開講日の4日前まで承ります(手数料550円)。キャンセルの場合はasaculonline001@asahiculture.comまでご連絡ください。その後のキャンセルはできませんのであらかじめご了承ください。

この講座は、ご入会が必要です。会員でない方は、ご入会の手続きをお願いいたします。

お申し込み

注意事項

・本講座はZoomウェビナを使用した教室でもオンラインでも受講できるハイブリッド講座です(講師は教室)。
・こちらは、【オンライン受講】の申し込みページです。
・開講日の前日夜までに受講者の皆様に講座視聴URLとパスワード、および受講のご案内をメールでお知らせいたします。メールが届かない場合は、 【asaculonline001@asahiculture.com】 までお問合せください。
・ソフトウェアを必ず最新版にアップデートの上ご覧ください。受講者全員に後日アーカイブ動画(1週間限定配信)のリンクをお送りいたします。

・【教室】でのご受講を希望の方はこちらよりお申込みください。
https://www.asahiculture.jp/course/shinjuku/8cc053cf-90e0-869f-f348-61c0576dcf28

日程
2022/4/8, 4/22, 5/13, 6/3, 6/10, 6/24
曜日・時間
金曜 10:30~12:30
回数
6回
受講料(税込)
会員 19,800円 
設備費(税込)
990円
その他
・講座日が変更になりました。5/27は休講して、6/3に補講を行ないます。(4/20記)

講師詳細

本郷 和人(ホンゴウ カズト)
1960年東京の下町に生まれ、下町に育つ。83年東京大学文学部卒業。86年、東京大学大学院人文科学科修士課程修了。88年東京大学大学院人文科学科博士課程単位取得。子どもの頃から歴史物語が大好き。いつの間にかそれが仕事になっていた。同業者で美人の妻(本郷恵子さん)との間に一男(タクトくん。ただし指揮者になる予定はない)一猫(黒猫アルトくん。ただし唱わない)あり。著書に『人物を読む日本中世史』(講談社)ほか多数。