ロシア・ウクライナ戦争と歴史的観点 ウクライナの歴史―キエフ・ルーシから現代まで
  • 教室・オンライン同時開催

  • 生神女就寝大聖堂(キーウ)
  • 山添 博史( 防衛研究所地域研究部米欧ロシア研究室主任研究官)
講師詳細

今年2月のロシアによる侵攻以来、ウクライナに対する人々の関心は非常に高まっています。政治・経済・軍事に関する情報は、マスコミ等を通じてこれまでに多く発信されていますが、ウクライナの歴史については、知識や情報を得ることが難しいのが現状です。しかし、今回の紛争を深く理解するためには、西欧とロシアの狭間に位置するウクライナの、複雑な歴史の理解が必要であることは言うまでもありません。この講座では6か月にわたり、ウクライナの歴史を現代まで概観します。担当する11名の講師はいずれも第一線で活躍中の研究者であり、ウクライナの歴史を包括的に知りたい方にとって、本講座は貴重な機会となるでしょう。(黛秋津講師・記)

※シリーズ講座「ウクライナの歴史―キエフ・ルーシから現代まで」(全11回)の第11回目です。
全11回のテーマおよび通し受講のお申込みはこちらをご覧ください→https://www.asahiculture.jp/course/shinjuku/808c9d64-e0e0-bcf2-ce12-62c9165b01f7


<オンラインご案内事項>
・本講座は教室でも、オンラインセミナーアプリ「Zoom」ウェビナーを使ったオンラインでも、受講できるハイブリッド講座です(講師は教室)。パソコンやタブレット、スマートフォンでも配信を見ることができます。
・本講座はメール登録のある受講者全員に後日アーカイブ動画(1週間限定配信)のリンクをお送りいたします。期間内は受講者は何度でもご視聴いただけます。
・配布資料がある場合はメールでご案内いたします。郵送はしておりません。
・開講日の前日夜までにメールアドレス登録のある受講者の皆様に講座視聴URLとパスワード、および受講のご案内をメールでお知らせいたします。弊社からのメールが届かない事案が発生しておりますため、モバイルメールアドレス(docomo、au、SoftBank、Y!mobileなど)はなるべく使用しないようお願い申し上げます。メールが届かない場合は asaculonline001@asahiculture.com までお問合せください。
・Zoomのソフトウェアを必ず最新版にアップデートの上ご覧ください。
・ネット環境による切断やその他アプリの障害が起きた場合には、当社は責任を負いかねます。 またやむを得ない事情により実施できなかった場合は、受講料の全額をお返しいたします。
・第三者との講座URLの共有や貸与、SNSを含む他の媒体への転載、また、講座で配布した教材を受講目的以外で使用することは著作権の侵害になりますので、固くお断りいたします。
・オンライン講座の申し込みはWEB決済のみで承ります(開講日前日まで)。キャンセルは開講日の4日前まで承ります(手数料550円)。キャンセルの場合はasaculonline001@asahiculture.comまでご連絡ください。その後のキャンセルはできませんのであらかじめご了承ください。

お申し込み

注意事項

・本講座はZoomウェビナーを使用した教室でもオンラインでも受講できるハイブリッド講座です(講師は教室)。開講日の前日夜までに受講者の皆様に講座視聴URLとパスワード、および受講のご案内をメールでお知らせいたします。メールが届かない場合は、 【asaculonline001@asahiculture.com】 までお問合せください。
・ソフトウェアを必ず最新版にアップデートの上ご覧ください。
・本講座は受講者全員に後日アーカイブ動画(1週間限定配信)のリンクをお送りいたします。

日程
2023/3/21
曜日・時間
火曜 13:00~14:30
回数
1回
受講料(税込)
会員 3,410円 一般 4,510円
設備費(税込)
165円
その他
教室は変わる場合があります。10階と11階の変更もあります。当日の案内表示をご確認ください。

講師詳細

山添 博史(ヤマゾエ ヒロシ)
1975年大阪府生まれ。ロシア安全保障政策と国際関係史を専攻。2005年にロンドン大学スラブ東欧研究所でロシア研究修士、2008年に京都大学人間・環境学研究科で博士号を取得、同年から防衛研究所勤務。共著に「ロシアのウクライナ侵攻」増田雅之編著『ウクライナ戦争の衝撃』(インターブックス)、「中央ユーラシアにおける清朝とロシア帝国:多元的文明の接触」中西輝政編『文明と覇権から見る中国』(ウェッジ)など。