バッハ「平均律曲集」 バッハとピアノで
  • 教室・オンライン同時開催

  • 遠山 裕(作曲家 ピアニスト)
講師詳細

  バッハを現代のピアノで奏でることの意義。いわゆる「古楽器」演奏の風潮はこの問題について私たちに多くを考えさせた。バッハをバッハの楽器で、バッハのピッチで、バッハの方式で演奏することの説得力は確かに大きい。しかし彼の音楽には現代のピアノと古楽器との双方で、それぞれ異なる解釈により表現されるに充分な懐の広さがある。私たちは今、「バッハとピアノで」語らう喜びを、改めて堪能する時に来ている。
本講座では講師の解説によるエディション「バッハ ピアノ作品集」全六巻の刊行を記念して、バッハの代表的なクラヴィーア作品を厳選し、それらをピアノで如何に魅力的に奏でるか、演奏・分析の両面から深く考察する。(講師・記)

〈参考楽譜〉「新版 バッハ ピアノ作品集」(全六巻)春秋社刊
https://www.shunjusha.co.jp/news/n47375.html

〈スケジュール〉 第2期 演奏曲(「平均律曲集 第Ⅱ巻」=抜粋=)
1.ハ長調、嬰ハ短調
2.ニ長調、ホ短調
3.へ短調、嬰へ短調
4.ト短調、変イ長調
5.イ長調、変ロ長調
6.変ロ短調、ロ短調

〈ご案内事項〉
・本講座は教室でもオンラインでも、受講できるハイブリッド講座です(講師は教室)。パソコンやタブレット、スマートフォンでも配信を見ることができます。
・リアルタイム配信はありませんが、メールアドレスの登録がある受講者全員に後日アーカイブ動画(1週間限定配信)のリンクをお送りいたします。オンライン受講の方はそちらをご覧ください。
期間内は受講者は何度でもご視聴いただけます。
・弊社からのメールが届かない事案が発生しておりますため、モバイルメールアドレス(docomo、au、SoftBank、Y!mobileなど)はなるべく使用しないようお願い申し上げます。メールが届かない場合は asaculonline001@asahiculture.com までお問合せください。
・ネット環境による切断やその他アプリの障害が起きた場合には、当社は責任を負いかねます。 またやむを得ない事情により実施できなかった場合は、受講料の全額をお返しいたします。
・録画やダウンロード、スクリーンショット、第三者との講座視聴リンクの共有や貸与、SNSを含む他の媒体への転載、また、講座で配布した教材を受講目的以外で使用することは著作権の侵害になりますので、固くお断りいたします。
・オンライン講座の申し込みはWEB決済のみで承ります(開講日前日まで)。キャンセルは開講日の4日前まで承ります(手数料550円)。キャンセルの場合はasaculonline001@asahiculture.comまでご連絡ください。その後のキャンセルはできませんのであらかじめご了承ください。
・配布資料はありません。
・新宿教室でのライヴ録画です。音声や映像の編集・修正は行っておりません。あくまで講座配信用の収録のため、録音のクオリティは生の演奏のニュアンスと異なります。心苦しい限りではございますが、何卒ご理解賜りますようお願い申し上げます。

この講座は、ご入会が必要です。会員でない方は、ご入会の手続きをお願いいたします。

お申し込み

注意事項

・本講座は教室でもオンラインでも受講できるハイブリッド講座です(講師は教室)。リアルタイム配信はありませんが、メールアドレスの登録がある受講者全員に後日アーカイブ動画(1週間限定配信)のリンクをお送りいたします。オンライン受講の方はそちらをご覧ください。・配布資料はありません。

日程
2023/1/13, 1/27, 2/10, 2/24, 3/10, 3/24
曜日・時間
第2週・第4週 金曜 13:30~15:00
回数
6回
受講料(税込)
会員 19,998円 
設備費(税込)
990円
その他
〈参考〉「新版 バッハ ピアノ作品集」(春秋社)全5巻 新宿教室教材コーナーにて特別価格で販売中。https://www.shunjusha.co.jp/news/n47375.html 希望者は各自ご用意の上、ご持参ください。必須ではありませんが、巻末の解説を参考資料にいたします。曲目は変更になる場合がございます。講座の性質上、遅刻による途中入室は原則としてお断りしております。やむをえない事情で遅れた場合には、カウンターに声をおかけください。スタッフがご案内いたしますので教室の後方の席へお静かにご着席ください。授業の録音、録画、写真撮影は禁止します。

講師詳細

遠山 裕(トオヤマ ユタカ)
作曲家=ピアニスト。1968年生れ。東京芸術大学作曲科卒業。管絃楽、ピアノ、声楽等諸分野に作品を発表。バロックより現代までの広範な演奏レパートリーを有し、独自の解釈と美しいタッチから現在最も個性的なピアノ奏者の一人として注目される。作曲家論、楽曲分析、演奏法研究等におけるオリジナルな見識は高い評価を得ている。春秋社新刊「ベートーヴェン ピアノ作品集 全五巻」「バッハ ピアノ作品集 全六巻」の解説を執筆(「ショパン ピアノ作品集」続刊予定)。