香水瓶の豆本づくり

  • 田中 淑恵(装丁家)
講師詳細

蝶や孔雀、花々などの装飾が美しい香水瓶の写真を集めた小さな本を作ります。
表紙を飾るのはローランサンの絵を収めた化粧瓶型の額。ピンクのパールビーズをあしらい、香り立つような優雅な作品に仕上げます。
細い栞にはワンポイントで花形のビジューを貼り付けます。
オリジナルのキットを用いながら、紙の折り方や表紙の貼り合わせ方など、手製本の技法をひとつひとつ体験します。サイズは78×60mm。

※素材や色味は変更になることがあります。
※開講1週間前までにお申し込みください。

お申し込み

注意事項

<夏休み割キャンペーン対象講座です>
 キャンペーン詳細はこちら https://www.asahiculture.jp/page/shinjuku/2020summercp

日程
2020/9/27
曜日・時間
日曜 13:00~16:30
回数
1回
受講料(税込)
会員 4,180円 一般 5,280円
教材費(税込)
教材費 4,870円
持ち物など
<各自ご用意ください>カッターナイフ(大きめのもの)、カッターマット、透明直定規(30cm位)、方眼三角定規(30cm位のもの)、筆記具(鉛筆、消しゴム)、平筆(1.5cm幅くらいのもの)、はさみ、製本用へら、木工用ボンド(速乾性でないもの)、ヤマト糊、スティック糊(新しく滑りのよいもの)、ピンセット
※三角定規、製本用へらをお持ちでない場合には、お貸出しいたします。
※ボンドとヤマト糊は必ず両方をお持ちください。
その他
※素材・色・デザインなど、変更になることがあります。

講師詳細

田中 淑恵(タナカ ヨシエ)
装丁家にして、小さな本のパイオニア。14歳の時から独学で作り始め、武蔵野美術大学、文化出版局を経て フリーに。長い間商品としての本作りに携わりながら、あらゆる紙や革、クロス、稀少なアンティークやデッドストックを駆使して、誰も真似のできないクオリテイの高い本を作っている。産経学園やムサビオープンセミナーなどのワークショップも随時開催。著書に『自分で作る小さな本』、『私だけの一冊を作る』(ともに文化出版局)、『本の夢 小さな夢の本』(芸術新聞社)がある。