はじめての刻字

  • 秋山 浩志(毎日書道展会員)
講師詳細

今までの書道とは異なる書のニューウェーブ「刻字」をはじめてみませんか。
「刻字」とは、自書した紙を木板に貼り付け、ノミや彫刻刀を使い立体的に彫り、金箔や彩色を施して仕上げる書の一分野です。通常の書にはない、「書く・彫る・彩る」という複数の工程を楽しみながら創作する「書のアート」として注目されています。インテリア性にも優れた、立体的で色彩豊かな書の世界を一緒に楽しみましょう。
6ヶ月12回のカリキュラムで1作品を仕上げます。(講師・記)

受付一時中止

注意事項

4/1からの全講座休講に伴い、本講座は【延期】いたします。
延期後の日程が決まりましたら、改めて掲載いたします。
なお延期日程でのご参加が難しい場合や、万一中止になる場合には返金いたします。
営業再開後のご連絡を今しばらくお待ちいただきますよう、お願い申し上げます。

日程
2020/4/2, 4/16, 5/7, 5/21, 6/4, 6/18
曜日・時間
第1・3 木曜 10:00~12:00
回数
6回
受講料(税込)
会員 19,800円 一般 26,400円
持ち物など
※初回に教材費(道具貸し出し代を含む)4000円を教室にてお支払いください。
現金のみのお取り扱いとなります。お釣りのないようにご用意ください。
教材:桂板、金箔、絵具他 
貸し出し道具:ノミ、彫刻刀、刻字作業台、書道用具

講師詳細

秋山 浩志(アキヤマ ヒロシ)
毎日書道展会員、日本刻字協会理事(審査会員)、新興書道展第一部審査会員、書道研究大鵬会常任理事