食とインテリア探訪 「東京會舘」で特別なフレンチを楽しむ

  • 田島 恭子(ヨーロッパインテリア史研究家)
講師詳細

東京會舘は、大正時代創業で、戦後、1971年谷口吉郎設計の二代目ビルで、長年親しまれていましたが、平成に四年の休業を経て、今年、丸の内二重橋ビルに、新生オープンしました。令和元年の締めくくりに、メインダイニングのレストラン・プルニエで、新しいシェフによる特別なお料理と伝統の絶品デザートを、ご一緒に味わいましょう。 

申し訳ありませんが、この講座は満席です。キャンセル待ちをご希望の場合は、恐れ入りますが、当教室にお電話にてご連絡ください。

満席になりました
日程
2019/11/29
曜日・時間
金曜 11:30~14:00
回数
1回
受講料(税込)
会員 18,623円 一般 19,283円
持ち物など
◇東京會舘 1階メインエントランス前 11:30集合
JR 「有楽町駅」国際フォーラム口より徒歩5分/「東京駅」丸の内南口より徒歩10分/京葉線「東京駅」6番出口より徒歩3分(ビル直結の地下コンコースをご利用いただけます)
※食事代含む(食事は2階のレストラン プルニエでマロンシャンテリーがデザートにつく特別コースになります)
※食材によってアレルギーのある方は、必ず事前にお申し出ください。



その他
※食事付講座の取消について                      
 講座の取消は電話でお申し出ください。(9:30~17:30)
 ◎取消手数料 11/21まで当社規定、11/22から全額の取消手数料が発生します。
◇当日の欠席連絡 朝日カルチャーセンタープロジェクト事業本部 ℡03-3344-2041へ(朝9:30以降)
お申し込みは、電話(コンビニ振込)、WEB、受付窓口で先着順に承ります。コンビニ振込の場合は振込用紙がご到後1週間以内にお支払い手続きをお済ませください。ご入金と同時にお申し込み受付が完了となります。

講師詳細

田島 恭子(タジマ キョウコ)
一級建築士、インテリア・プランナー、英国マスター・オブ・サイエンス。東京都生まれ。日本女子大学家政学部住居学科、英国エディンバラ大学&カレッジ・オブ・アート環境学部建築学科環境保存専攻修士課程。帰国後、北米系輸入住宅の企画開発などに携わり、クラシック・インテリアも研究。文化学園大学、日本女子大学などで、非常勤講師を務めた。近著に『ヨーロッパ建築インテリア大事典』、共訳に『インテリアデザインの歴史』(ともに柏書房)がある。