• 見学可

茶の湯の竹芸

  • 池田 瓢阿(竹楽会主宰)
講師詳細

茶席の床の間を飾る籠花入や竹花入、点前で使う茶杓、籠炭取、それに籠の菓子器などを手造りする教室です。
初めての方でも初回から作品を完成して頂けるよう、やさしくご指導致します。材料は良質の白竹、煤竹、籐を用い、編みやすく考えてありますので、器用な方でなくとも安心です。
ほぼ1年で、自作の花生、炭取、菓子器、茶杓が揃うカリキュラムです。
※池田瓢阿先生、池田泰輔先生、お2人での指導です。

<教材例>  
1回目 蛇の目筒 花入れ(教材費 10,000円)
2回目 鉈のさや籠(¥12,000)
3回目 若狭籠(¥15,000)
4~5回目 隅田川菓子器(¥10,000)   教材費は、教室でお支払下さい。

この講座は、ご入会が必要です。会員でない方は、ご入会の手続きをお願いいたします。

お申し込み

注意事項

コロナウィルス感染拡大防止のため、4月1日より当面の間、新宿教室の全講座を休講いたします。受付業務、電話でのお問い合わせ対応等も休業いたします。再開予定につきましては当社ホームページをご確認ください。

日程
2020/6/4, 7/2, 9/3
曜日・時間
第1 木曜 13:30~16:30
回数
3回
受講料(税込)
会員 23,100円 
持ち物など
<各自ご用意下さい>剪定ばさみ、霧吹き、筆記用具、エプロン 
その他
2020年8月はお休みです。

講師詳細

池田 瓢阿(イケダ ヒョウア)
1951年、益田鈍翁に薫陶を受けた竹芸家、二代池田瓢阿の次男として生まれる。武蔵美術大学卒業後、竹芸の道に進む。1993年、3代瓢阿を襲名。著書に「茶の竹芸・籠花入と竹花入」「近代の茶杓・数寄者たちの優雅な手すさび」(淡交社刊)、「趣向の茶事」(世界文化社)など多数。
http://www.chikurakukai3.com/