【教室受講】櫻田亮さんと語る バッハ 受難曲の魅力
  • 教室開催

  • 櫻田 亮(テノール歌手)
  • 古藤田 みゆき(ピアニスト)
  • 加藤 浩子(音楽評論家)
全ての講師
講師詳細

 バッハの現存する2つの受難曲、《ヨハネ受難曲》と《マタイ受難曲》は、受難曲というジャンルの頂点であるだけでなく、クラシック音楽の歴史に刻まれる大傑作です。そもそも受難曲とはなんなのか、そしてバッハの受難曲はなぜこれほどまでに人を魅了するのか…。
 バロック音楽やバッハのスペシャリストとしてヨーロッパで長年活躍し、日本でも「バッハ・コレギウム・ジャパン」の演奏会をはじめたびたびバッハの受難曲のエヴァンゲリスト(福音書記者。語り手)をつとめて絶賛されているテノール歌手、櫻田亮さんをゲストに迎え、バッハの受難曲の魅力を語ります。櫻田さんの美声による名アリアもお楽しみください。 (加藤講師・記)

申し訳ありませんが、この講座は満席です。キャンセル待ちをご希望の場合は、恐れ入りますが、当教室にお電話にてご連絡ください。

この講座は終了しました

注意事項

・本講座は教室でもオンラインでも受講できるハイブリッド講座です(講師は教室)。リアルタイム配信はありませんが、メールアドレスの登録がある受講者全員に後日アーカイブ動画(1週間限定配信)のリンクをお送りいたします。オンライン受講はこちらからお申込みください→https://www.asahiculture.jp/course/shinjuku/4b841a68-d808-fd45-f989-6051b11e0f5a

日程
2021/6/7
曜日・時間
月曜 16:00~17:30
回数
1回
受講料(税込)
会員 3,993円 一般 5,093円
設備費(税込)
165円
その他
・この講座の受講料には音楽使用料が含まれています。

講師詳細

櫻田 亮(サクラダ マコト)
東京藝術大学卒業。同大学院音楽研究科修士課程修了。イタリア国立ボローニャ音楽院に留学。バロックから古典派の作品をレパートリーに国際的にも高い評価を得ており、ヨーロッパでは、J.サヴァールほか著名な指揮者との共演多数。国内でもW.サヴァリッシュ指揮によるN響をはじめ、読売日響、新日本フィルなど数多くのオーケストラと共演。鈴木雅明氏率いるバッハ・コレギウム・ジャパンとはCD録音やコンサート、国内外のツアーで共演多数。ブルージュ国際古楽コンクール第2位(声楽最高位)。東京藝術大学教授。二期会会員。
古藤田 みゆき(コトウダ ミユキ)
日本大学芸術学部音楽学科ピアノ科卒業。ピアノを村上明美、永野美佐子、伴奏法を岡田知子、松井和彦、森島英子に師事。東京二期会、藤原歌劇団などのオペラ団体で音楽スタッフとして経験を積む。1993年から2010年までサントリーホール「ホール・オペラ®」のチーフ音楽スタッフを務め、世界的な指揮者や歌手から厚い信頼を得た。国内外のコンクール、音楽祭、マスタークラスにも招かれている。また、オーケストラ・パートをピアノ一台で演奏するオペラ全曲公演に数多く出演するほか、リーダーアーベントをはじめリサイタルやコンサートでも活躍している。サントリーホール・オペラアカデミー・コーチング・ファカルティ。
加藤 浩子(カトウ ヒロコ)
東京生まれ。慶應義塾大学大学院修了(音楽学専攻)。音楽評論家。著書に『黄金の翼=ジュゼッペ・ヴェルディ』『バッハへの旅』(東京書籍)、『ようこそオペラ!』『今夜はオペラ!』『モーツァルト 愛の名曲20選』『オペラ 愛の名曲20+4選』(春秋社)、『ヴェルディ』『オペラでわかるヨーロッパ史』 『音楽で楽しむ名画』(平凡社新書)ほか多数。共著に鈴木雅明氏との対談集『バッハからの贈りもの』(春秋社)。最新刊は『オペラで楽しむヨーロッパ史』(平凡社新書)。
ブログ http://plaza.rakuten.co.jp/casahiroko/ ホームページhttp://www.casa-hiroko.com/