ベートーヴェンの生涯と作品 楽しい室内楽

  • 平野 昭(音楽評論家)
講師詳細

  《ベートーヴェンの三・五・六・七十三曲》
 ウィーン初期のベートーヴェンはピアニストとして活躍する一方で、リヒノウスキー侯邸のサロン・コンサートのために多彩な室内楽作品を提供していました。今日それらはほとんど演奏されていませんが、大変に軽やかで響きも美しく、難解なところがまったくない音楽になっています。ベートーヴェンは自信をもってこれらの多くをまったく別編成の作品に編曲もしています。それら2つの形態で聴き比べてみましょう。 (講師・記)

〈スケジュール〉
1.弦楽五重奏曲 ハ短調 Op.104 原曲:ピアノ三重奏曲第三番Op.1-3
2.弦楽五重奏曲 変ホ長調 Op.4 原曲:管楽八重奏曲 Op.103
3.管楽六重奏曲 変ホ長調 Op.71 2cl、2hrn、2fag
4.弦楽五重奏曲 ハ長調 Op.29  2Vn、2Va、Vc
5.管楽器による三重奏と四重奏 Op.87、WoO28、30.Hess297

<講座の全予定>※変更する可能性がございます。予めご了承ください。
■2020年メモリアルイヤーに向けてベートーヴェンの生涯と作品を2年かけて味わいます。2019年度は人間ベートーヴェン、2020年度は大作曲家(楽聖)ベートーヴェンをテーマに解説。

2019年度 人間ベートーヴェン
春 ハイリゲンシュタットの遺書
夏 傑作の森
秋 不滅の恋人
冬 ウィーン会議とナポレオン没落
2020年度 大作曲家(楽聖)ベートーヴェン
春 後期ピアノソナタ
夏 ディアベリ協奏曲
秋 ミサソレニムスと第九交響曲
冬 室内楽
2021年度
春 弦楽四重奏曲

この講座は、ご入会が必要です。会員でない方は、ご入会の手続きをお願いいたします。

お申し込み
日程
2021/1/18, 2/1, 2/15, 3/1, 3/15
曜日・時間
第1・3・5週 月曜 15:30~17:00
回数
5回
受講料(税込)
会員 16,500円 

講師詳細

平野 昭(ヒラノ アキラ)
1949年横浜生まれ。武蔵野音楽大学大学院修了。静岡文化芸術大学名誉教授、沖縄県立芸術大学客員教授、桐朋学園大学特任教授。前慶應義塾大学文学部教授。18~19世紀の西洋音楽史研究。特にドイツ語圏の作曲家作品研究が専門領域。とりわけベートーヴェンの全作品の分析的研究。『ベートーヴェン』(新潮社)、『人と作品:ベートーヴェン』(音楽之友社)、『音楽キーワード事典』(春秋社)、『ベートーヴェン事典』(東京書籍・共著)、『ベートーヴェン大事典』(平凡社・監修と共訳)等。音楽評論家として放送出演や「毎日新聞」等執筆。