8世紀の天皇たち 奈良時代再考
  • 教室・オンライン同時開催

  • 森田 喜久男(淑徳大学教授)
講師詳細

 奈良時代と言えば、何を思い浮かべますか。平城京を舞台に繰り広げられた華やかで国際色豊かな天平文化、その一方繰り広げられる政争…。
 ところで平城京が都城としてほぼ機能していたのは、710年から784年です。もちろん、その間、恭仁京や難波京、紫香楽宮に天皇は行幸していますが、いずれにしても70年余り。高齢化社会が到来しつつある今の日本人の中には古稀を迎える人は多いですよね。
 この歳月、さまざまな出来事が起こりました。血で血を洗う政争や疫病の流行など。奈良時代とはどのような時代だったのか。これを一言で説明することは容易ではありませんが、ここではこの時代の天皇に焦点を当てて、奈良時代の本質に迫ってみたいと思います。
 この講座の後、コロナ禍が収束して、花咲く古都奈良を散策し、天平の昔に思いをはせる、そのような日が到来することを願います。(講師・記) 


【カリキュラム】
第1回 単なる中継ぎ?元明・元正
 平城京遷都を実現した元明天皇、遷都後の政治を軌道に乗せた元正天皇。この2人の女帝については、あくまでも聖武が即位するまでの中継ぎといったイメージで捉えられてきました。しかし、果たしてそうでしょうか。その治世を具体的に検討していくと、律令国家の建設に邁進する元明と元正の姿が浮かび上がってきます。

第2回 彷徨する天皇?聖武
 聖武天皇と言えば、その遺品が正倉院に納められたこと、大仏造立を命じた天皇として知られる一方で、藤原広嗣が反乱を起こした際には、突然東国へ行幸を思いたち、次から次へと都を遷そうとするなど不可解な行動をとった天皇というイメージがあるようです。しかし、聖武はなぜ、傍目には彷徨と思われるような行動をとったのか。彼の考えていたことは何であったのか。彼はどのような国家を作ろうとしていたのか、こういったことについて考えてみたいと思います。

第3回 道鏡を寵愛した?称徳(孝謙)
 称徳天皇と言えば、弓削道鏡を寵愛して、藤原仲麻呂を敗死させ、ついには道鏡を皇位につけようとしたスキャンダラスな女帝として、後の時代の史書にも語られることが多かった人物です。しかし、当時の政府である太政官の政務の実態を見ていくと、必ずしも道鏡の存在を過大評価できません。後の時代に作られたイメージを一度取り去って、史料を読み直すと、どのような女帝の姿が見えてくるのか。こういった点について考えてみましょう。


〈ご案内事項〉
・本講座は教室でも、オンラインセミナーアプリ「Zoom」ウェビナーを使ったオンラインでも、受講できるハイブリッド講座です(講師は教室)。パソコンやタブレット、スマートフォンで配信を見ることができます。
・本講座はメール登録のある受講者全員に後日アーカイブ動画(1週間限定配信)のリンクをお送りいたします。期間内は受講者は何度でもご視聴いただけます。
・配布資料がある場合はメールでご案内いたします。郵送はしておりません。
・開講日の前日夜までにメールアドレス登録のある受講者の皆様に講座視聴URLとパスワード、および受講のご案内をメールでお知らせいたします。弊社からのメールが届かない事案が発生しておりますため、モバイルメールアドレス(docomo、au、SoftBank、Y!mobileなど)はなるべく使用しないようお願い申し上げます。メールが届かない場合は asaculonline001@asahiculture.com までお問合せください。
・Zoomのソフトウェアを必ず最新版にアップデートの上ご覧ください。
・ネット環境による切断やその他アプリの障害が起きた場合には、当社は責任を負いかねます。 またやむを得ない事情により実施できなかった場合は、受講料の全額をお返しいたします。
・第三者との講座URLの共有や貸与、SNSを含む他の媒体への転載、また、講座で配布した教材を受講目的以外で使用することは著作権の侵害になりますので、固くお断りいたします。
・オンライン講座の申し込みはWEB決済のみで承ります(開講日前日まで)。キャンセルは開講日の4日前まで承ります(手数料550円)。キャンセルの場合はasaculonline001@asahiculture.comまでご連絡ください。その後のキャンセルはできませんのであらかじめご了承ください。

この講座は、ご入会が必要です。会員でない方は、ご入会の手続きをお願いいたします。

お申し込み

注意事項

・本講座はZoomウェビナを使用した教室でもオンラインでも受講できるハイブリッド講座です(講師は教室)。
・開講日の前日夜までに受講者の皆様に講座視聴URLとパスワード、および受講のご案内をメールでお知らせいたします。メールが届かない場合は、 【asaculonline001@asahiculture.com】 までお問合せください。
・ソフトウェアを必ず最新版にアップデートの上ご覧ください。受講者全員に後日アーカイブ動画(1週間限定配信)のリンクをお送りいたします。

日程
2023/1/25, 2/22, 3/22
曜日・時間
水曜 15:30~17:00
回数
3回
受講料(税込)
会員 9,900円 
設備費(税込)
495円
その他
教室は変わる場合があります。10階と11階の変更もあります。当日の案内表示をご確認ください。

講師詳細

森田 喜久男(モリタ キクオ)
1964年生まれ。東京都立大学大学院人文科学研究科博士課程単位取得退学。博士(歴史学・駒澤大学)島根県古代文化センター、島根県立古代出雲歴史博物館を経て、淑徳大学人文学部教授。日本古代史・神話学・博物館学専攻。著書『日本古代の王権と山野河海』(吉川弘文館)、『やさしく学べる古事記講座』(ハーベスト出版)、『古代王権と出雲』(同成社)、『能登・加賀立国と地域社会』(同成社)他。