環論とスキーム入門 現代数学超入門
  • 教室開催

  • 飯高 茂(学習院大学名誉教授)
講師詳細

講義は事前に予告した通りには進行していません
受講者が良く理解できるように内容の配列を工夫しまた
興味ある事例を必要に応じて追加していることに寄ります
これからもいろいろ工夫して面白くなるよう努めます(講師・記)

※前期の講義の進捗状況に応じて
予定が部分的にかなり変更されることがあります。
理解が不十分な箇所は要望に応じて繰り返して説明します。

【2022年7月期予定(進み具合によって変更もありえます)】
1. 素イデアルと極大イデアル, UFD
2. アイゼンシュタイン環と -3 の平方根の生成する環
3. 多項式環の一意分解性とガウスの定理
4. R 加群とベクトル空間
5. 行列式と正規化の関連

<テキスト>
必要なプリント類は毎回準備し、提供します。
・・・・・・・・・・・・・・・・
「環論、これは面白い」
飯高茂著 共立出版 数学のかんどころシリーズ


この講座は、ご入会が必要です。会員でない方は、ご入会の手続きをお願いいたします。

この講座は終了しました

注意事項

都合により日程が変わりました。9/16休講→9/30補講

日程
2022/7/1, 7/15, 8/5, 8/19, 9/2, 9/30
曜日・時間
第1週・第3週 金曜 18:30~20:30
回数
6回
受講料(税込)
会員 19,800円 
設備費(税込)
990円
その他
・教室は変わる場合があります。10階と11階の変更もあります。当日の案内表示をご確認ください。

講師詳細

飯高 茂(イイタカ シゲル)
1942年千葉県生まれ。学習院大学理学部数学科教授を経て学習院大学名誉教授。「代数幾何学」のリーダーとして世界的に知られる数学者。日本数学会彌永賞、日本学士院賞を受賞、また、元日本数学会理事長(会長)、日本数学教育学会理事など多くの役職を歴任。主な著書は、『群論、これはおもしろい』、『環論、これはおもしろい』、『体論、これはおもしろい』(共立出版)、『パソコンで開く数の不思議世界』(岩波書店)、数学の研究をはじめようI,II,III,IV,V」(現代数学社 2016-18)ほか。