【教室受講】中国茶の四季折々 春の新茶を楽しむ
  • 教室開催

  • 簡 里佳(「今古茶藉」店主)
講師詳細

◎こちらは教室受講のお申し込みページです◎

 「新茶」と言うと、大半の人は「春」をイメージするでしょう。
実は、生産地によっては年4~5回茶摘みができるところもあります。最低でも年3回は茶摘みができるのです。
春は春茶といい、夏は夏茶といい、秋は秋茶といい、冬は冬茶と称します。
四季に出るお茶はそれぞれの特徴、味と香りがあり、そして各季節に合うお茶の淹れ方があります。
春に出るお茶を基準点に、四季ごとに生産されるお茶の味と香りはどう違うのか?ご自身で確認してみませんか?(講師記)

<春の新茶>
1.年年春從東南來―気候、地理、地形という面から新茶を認知する
2.乾隆帝の三清茶会
3.春の季節に合うお茶の淹れ方
4.春に産する代表的なお茶達
5.春茶の特独なお茶形容詞

◎本講座はオンラインと同時進行で開催いたします。講師は教室に出講します。

◎中国各地にてコロナ防疫対策が強化されており、地域によってサービスの一時中止や大幅な貨物輸送の遅延が生じております。その為、茶葉の量が限られており、定員20名としております。茶葉は、先生の並々ならぬご尽力により入手できた貴重な茶葉です。お早目のお申し込みをお待ちしております。




申し訳ありませんが、この講座は満席です。キャンセル待ちをご希望の場合は、恐れ入りますが、当教室にお電話にてご連絡ください。

この講座は終了しました

注意事項

・教室受講でお申込みの方はアーカイブ動画の配信はありません。予めご了承ください。

日程
2022/5/14
曜日・時間
土曜 11:00~12:30
回数
1回
受講料(税込)
会員 3,300円 一般 4,400円
教材費(税込)
備品使用料 110円
設備費(税込)
165円
持ち物など
<各自ご用意ください>
・筆記用具
・必要な方は飲み水、マイカップ(磁器またはガラス)をご持参ください。紙コップご利用の方は当社がご用意いたします。
・教材費 2,200円 *教材費は教室内で現金でお支払いください
その他
・教材準備の為、お申し込み・キャンセルとも締め切りは3日前です。
 キャンセルの場合は必ずご連絡ください。
・教室変更の場合があります。当日の案内表示をご確認ください。
・こちらは<教室受講>のお申し込みページです

講師詳細

簡 里佳(カン リカ)
台湾台北出身。中国茶葉学会所属。お茶のプロを目指し、昭和女子大学にて地理文化の修士号を取得。1998年、渋谷区富ヶ谷で中国茶専門店「今古茶藉(ここんちゃせき)」を開店。現地で直接見極め買い付けをしている。また、自店でのお茶教室の他、招待講師として東急ハンズ、バカラ、雑誌クロワッサン、ほぼ日刊イトイ新聞等で活動。テレビ出演「マツコの知らない世界」他。お茶のプロが学びに来る「お茶の現場」を知り尽くした中国茶の達人。