名曲を読み解く ラヴェル再考Ⅶ
  • 教室開催

  • 石島 正博(作曲家・桐朋学園大学院大学教授)
講師詳細

 ラヴェルの音楽について考えるようになってから、20 年が経った今年、1年間を通じて、ラヴェルの音楽を母から受け継いだ《スペイン=バスク的感性》と父から受け継いだ《工学的な知的構成感》とが、パリというトポスを得て結実した独自の音楽世界いう視点で読み直した。その締めくくりとして、3つの作品について言及しラヴェルの音楽についての読み直しを終えたいと思う。 (講師・記)
 
〈スケジュール〉
1回目:1/15 夜のガスパール
2回目: 2/19 ヴァイオリンとチェロのためのソナタ
3回目:3/19 オペラ《子供と魔法》



♪いつからでもお入りいただけます。

この講座は終了しました
日程
2022/1/15, 2/19, 3/19
曜日・時間
土曜 10:30~12:00
回数
3回
受講料(税込)
会員 9,999円 一般 13,299円
設備費(税込)
495円
その他
・この講座の受講料には音楽使用料が含まれています。

講師詳細

石島 正博(イシジマ マサヒロ)
桐朋学園大学作曲科卒。作曲を三善晃に師事。79年武満徹主宰MUSIC TODAY国際作曲コンクール・ファイナリスト、作品は主にドイツ(ダルムシュタット国際夏期現代音楽セミナー、カールスルーエ、ワイマール他)、フィンランド、フランス(パリ他)、韓国(ソウル)、アメリカ(ニューヨーク、インディアナ、サンディエゴ)、ロシア(モスクワ・ボリショイ)で演奏、上演、委嘱されている。研究・著書に「ラヴェルピアノ作品全集」(全3巻)(全音楽譜出版社刊)他。現在、桐朋学園大学院大学教授。