• 見学可

観世流 謡曲 中級

  • 教室
  • 髙梨 良一(観世流能楽師)
  • 髙梨 万里(観世流能楽師)
講師詳細

初心忘るべからず。秘すれば花‘命には終わりあり、能には果てあるべからず。日本の伝統芸能「能楽」の持つ喜怒哀楽をより深く理解するためにも「謡曲」「仕舞」の稽古をおすすめいたします。
「謡曲」は姿勢を正し、お腹の底から声を出すので健康にも良いのです。美しい姿勢で舞う「仕舞」も、表現力だけでなく体幹も鍛えられ、心身ともに磨かれます。
※ご受講の際には事前の見学をおすすめします。 指導形態はグループ指導(団体稽古)です。

◆謡曲
・昼間のクラスは和室。夜クラスは椅子席で授業を行います。
・夜クラスは、入門(初級)・中級の合同クラスです。原則として前半入門(初級)、後半中級の指導を行います。入門(初級)の方、中級の方時間内参加出来ます。
◆仕舞
・仕舞入門形付「熊野」から初歩指導いたします。中級・上級へと進みます。


入門(高梨クラス)
●4・5月「鶴亀」つるかめ
●6・7月「橋弁慶」はしべんけい
●8・9月「吉野天人」よしのてんにん
●10・11月「大仏供養」だいぶつくよう
●12・1月「土蜘蛛」つちぐも
●2・3月「竹生島」ちくぶしま

中級(高梨クラス)
●4・5月「雲雀山」ひばりやま
●6・7月「天鼓」てんこ
●8・9月「蘆刈」あしかり
●10・11月「三井寺」みいでら
●12・1月「融」とおる
●2・3月「葵上」あおいのうえ
※進行具合により、多少前後することがあります。ご了承ください。

この講座は、ご入会が必要です。会員でない方は、ご入会の手続きをお願いいたします。

この講座は終了しました
日程
2020/7/30, 8/27, 9/10, 9/24
曜日・時間
第2・4 木曜 11:00~12:00
回数
4回
受講料(税込)
会員 12,760円 
持ち物など
教室内は、ふすまの桟など段差にご注意下さい。
<各自ご用意ください>白足袋・筆記用具
謡曲:謡本
仕舞:「仕舞入門形付」(4,840円位税込)、
扇(6,160円位税込)※檜書店(〒101-0052 東京都千代田区神田小川町2-1 
TEL03-3291-2488)にて取り扱っています。※価格は変更される場合があります。
※カリキュラムは裏面をご覧ください。

講師詳細

髙梨 良一(タカナシ リョウイチ)
1948年生まれ。関根祥雪に師事。重要無形文化財総合指定保持者。(一社)観世会監事。(公社)能楽協会会員。髙梨閑祥会主宰。閑能会・桐の会にて活動中。
髙梨 万里(タカナシ バンリ)
1982年生まれ。髙梨良一の長男。父及び関根祥雪に師事。(公社)能楽協会会員。