シルクロード仏教説話図の時間と空間
  • 教室・オンライン同時開催

  • インド サーンチー大塔 仏伝「三道宝階段降下」
  • ガンダーラ仏伝図「降魔」部分 ラホール博物館蔵
  • ガンダーラ仏伝図部分 ラホール博物館蔵
  • 森 美智代(早稲田大学講師)
講師詳細

 インドの仏教説話図においては、物語の異なる場景を一画面に配置するにあたり、出来事を「舞台」毎にまとめました。一方、ガンダーラの仏教美術は、コマ割にした場面を「時系列」順に並べるという、新しい方法を創造しました。さらに、仏教美術がシルクロード上に伝播する過程では、両者のハイブリッドともいえる方式が出現します。作品にしかけられた絵解きのヒントに導かれつつ、説話美術の世界に分け入ってみませんか?
 今期は、仏教説話美術の出発点である、紀元前後の「ブッダの姿なき仏伝図」についてお話しします。英語だとアニコニズム(反偶像主義)、日本語では「仏陀不表現」とよばれてきた表現です。一言に「仏陀不表現」と言っても、よく見ると幾つかの表現方法があるようです。人知を超え、本来ならば人の手では表現不可能な聖なるものをどのように表象するのか。古代インド美術における「解」をみていきます。(講師・記)

〈スケジュール〉
第1回 「仏陀不表現」の美術① インド・バールフット仏塔浮彫
第2回  「仏陀不表現」の美術② インド・サーンチー仏塔浮彫
第3回  「仏陀不表現」の美術③ ガンダーラと南インド・アーンドラ地方

〈ご案内事項〉
・本講座はオンラインセミナーアプリ「Zoom」ウェビナーを使ったオンラインでも、教室でも受講できるハイブリッド講座です(講師は教室)。パソコンやスマートフォン、タブレットでも配信を見ることができます。
・本講座はメール登録のある受講者全員に後日アーカイブ動画(1週間限定配信)のリンクをお送りいたします。期間内は受講者は何度でもご視聴いただけます。
・配布資料がある場合はメールでご案内いたします。郵送はしておりません。
・開講日の前日夜までにメールアドレス登録のある受講者の皆様に講座視聴リンクと受講のご案内をメールでお知らせいたします。弊社からのメールが届かない事案が発生しておりますため、モバイルメールアドレス(docomo、ezweb、SoftBankなど)はなるべく使用しないようお願い申し上げます。メールが届かない場合は asaculonline001@asahiculture.com までお問合せください。
・Zoomのソフトウェアを必ず最新版にアップデートの上ご覧ください。スマートフォンやタブレットで視聴する場合はZoomアプリを事前にダウンロードしてください。
・ネット環境による切断やその他アプリの障害が起きた場合には、当社は責任を負いかねます。 またやむを得ない事情により実施できなかった場合は、受講料の全額をお返しいたします。
・第三者との講座視聴リンクのの共有や貸与、SNSを含む他の媒体への転載、また、講座で配布した教材を受講目的以外で使用することは著作権の侵害になりますので、固くお断りいたします。
・オンライン講座の申し込みはWEB決済のみで承ります(開講日前日まで)。キャンセルは開講日の4日前まで承ります(手数料550円)。キャンセルの場合はasaculonline001@asahiculture.comまでご連絡ください。その後のキャンセルはできませんのであらかじめご了承ください。

お申し込み

注意事項

・本講座はZoomウェビナーを使用した教室でもオンラインでも受講できるハイブリッド講座です(講師は教室)。開講日の前日夜までに受講者の皆様に講座視聴リンクと受講のご案内をメールでお知らせいたします。メールが届かない場合は、 asaculonline001@asahiculture.com までお問合せください。
・ソフトウェアを必ず最新版にアップデートの上ご覧ください。受講者全員に後日アーカイブ動画(1週間限定配信)のリンクをお送りいたします。

日程
2022/7/4, 8/1, 8/29
曜日・時間
第1週 月曜 15:30~17:00
回数
3回
受講料(税込)
会員 9,900円 一般 13,200円
設備費(税込)
495円

講師詳細

森 美智代(モリ ミチヨ)
2003年~05年北京大学考古文博院高級進修生(中国政府奨学金)。09年早稲田大学大学院博士課程(美術史学コース)満期退学。専門分野は、中央アジアの仏教美術史。現在、東京藝術大学特任研究員をつとめる他、早稲田大学、武蔵野美術大学、多摩美術大学、桜美林大学講師を兼任。主な論文「西域北道における誓願図について」(宮治昭責任編集『アジア仏教美術論集 中央アジアⅠ ガンダーラ~東西トルキスタン』中央公論美術出版、2017)など。