メアリー2世、そしてアン女王 シリーズ女王・女帝

  • 小林 章夫(帝京大学教授)
講師詳細

 イギリス歴代の王室の中でよく知られている女王は、エリザベス1世、現在の国王エリザベス2世、そして繁栄の時代に王位を全うしたヴィクトリア女王であろう。
 しかしこの3人の女王に関してはすでに多くのことが語られてきたので、今回は1688年の名誉革命で夫であるオランダ人ウィリアム3世と共同で王位に就いたメアリー2世の政治力に焦点を当て、この革命で国を追われた父ジェイムズ2世およびその一派との確執、そしてやがて国王となる妹アンとの違いなどを浮き立たせながら、イギリス繁栄の道のりをたどることにしたい。(講師・記)

お申し込み
日程
2019/8/30
曜日・時間
金曜 13:30~15:00
回数
1回
受講料(税込)
会員 3,240円 一般 3,888円
持ち物など
※必要な資料などは当日教室にて配布します。
その他
・教室は変わる場合があります。10階と11階の変更もあります。当日の案内表示をご確認ください。

講師詳細

小林 章夫(コバヤシ アキオ)
1949年東京生まれ。上智大学大学院文学研究科修了ののち、同志社女子大学教授、上智大学教授を経て現職。専攻はイギリス文学・文化。著書に『コーヒー・ハウス』『チャップ・ブックの世界』(講談社学術文庫)、『イギリス王室物語』(講談社現代新書)、『物語イギリス人』(文春新書)、『イギリス人は何にでも賭ける』(亜紀書房)『女王、エリザベスの治世 先進国の王政記』(角川書店)などがあり、訳書にパクスマン『前代未聞のイングランド』(筑摩書房)、チータム『「クマのプーさん」を英語で読み直す』(NHKブックス)、『リチューニング英語習得法』(筑摩新書)、『フランケンシュタイン』(光文社古典新訳文庫)など多数。