名歌手の個性と芸術性に迫る

  • 岸 純信(オペラ研究家)
講師詳細

 2020年冬季はまず、「カーテンコールを愉しむ」と題して、終演後の答礼シーンにおける歌手や指揮者の人間模様とオペラ本編の見せ場を関連付けてお伝えし、物語の最中とは違う客席の視線が、拍手とともに出演者に注がれるカーテンコールの魅力を解説します。続いて「楽譜と演奏 ~ オペラ歌手の名演を通じて」では、楽譜に込められた作曲家の意図を、名歌手&名指揮者がどのように掘り下げ、活かすか、映像や音源で詳しくお伝えします。(講師・記)

<スケジュール>
①カーテンコールを愉しむ」
②「楽譜と演奏 ~ オペラ歌手の名演を通じて」

お申し込み

注意事項

最新更新:■4/9の補講を6/11に行います。受講者の皆様には改めてご連絡いたします(5/13)
過去更新:■新型コロナウイルスの影響拡大に伴い、4/9(1月期補講)は休講になりました。補講日は未定です。(1/1、は調整中の為、仮日程です) 4/2記
過去更新:新型コロナウイルスの感染拡大予防のため、3/12は休講。4/9(木)10時半から補講を行います。
過去更新:★パンフ記載の日程・回数に訂正がありました。

日程
2020/1/9, 6/11
曜日・時間
第2週 木曜 10:30~12:00
回数
2回
受講料(税込)
会員 6,600円 一般 7,920円
その他
・岸純信先生は別講座「オペラの大作曲家を深く知る」も開講予定です。

講師詳細

岸 純信(キシ スミノブ)
オペラ研究家。1963年生まれ。『音楽の友』『レコード芸術』『ぶらあぼ』『音楽現代』『モーストリー・クラシック』や公演プログラムに寄稿。CD&DVDの解説多数。NHK『らららクラシック』『オペラ・ファンタスティカ』、クラシカ・ジャパンにもたびたび出演。著書『オペラは手ごわい』(春秋社)、訳書『マリア・カラスという生きかた』(音楽之友社)、共著『イタリア文化事典』(丸善出版社)など。大阪大学非常勤講師(オペラ史)。新国立劇場オペラ専門委員。静岡国際オペラコンクール企画運営委員。