血糖値は食べて下げる、寝て下げる

  • 田中 俊一(医学博士)
講師詳細

血糖値コントロールというと、「細かいカロリー計算に基づく厳しい食事管理」というイメージがあると思います。しかしカロリー計算では血糖値は下がりません。大切なのは、体を燃やす「代謝力」を上げることです。
代謝力を上げるためには、賢く食材を選び食べることがまず欠かせませんが、意外と知られていないのが睡眠の重要性です。睡眠は、内臓の疲労を回復し基礎代謝を上げる「成長ホルモン」や、食欲中枢に働きかけるホルモン等と密接に関係しています。また睡眠不足によるストレス増加が血糖値を上げることも科学的に判明しています。
「正しく食べて、ちゃんと寝る」ために必要なポイントを掴めば、誰でも簡単に、そして確実に効果を出すことができます。20万人の糖尿病患者の治療にあたった専門医が、体の本来持っているパワーを引き出し、我慢せず無理なく続けられる血糖値改善法を伝えます。

この講座は終了しました
日程
2020/2/15
曜日・時間
土曜 10:30~12:00
回数
1回
受講料(税込)
会員 3,300円 一般 3,960円
持ち物など
<各自ご用意ください>筆記用具
参考図書:『血糖値は食べて下げる、寝て下げる』(アスコム)
その他
※講義内での個人的な治療相談は承りかねますのでご了承下さい。
※当日教室が変更となる場合がございます。案内掲示をご確認ください。

講師詳細

田中 俊一(タナカ シュンイチ)
医学博士。横浜市立大学大学院客員教授、医療法人みなとみらい理事長。早稲田大学理工学部数学科を経て横浜市立大学医学部卒業後、1997年に金沢内科クリニック(現医療法人みなとみらい)を設立、その後、ニューヨーク市立大学 Mt.Sinai School of Medicine, assistant professor、国際医療福祉大学大学院教授を経て、現職。毎月8000名の生活習慣病の治療に睡眠から取り組む、睡眠と糖尿病のスペシャリスト。日本テレビ系「世界一受けたい授業」「ヒルナンデス! 」、フジテレビ系「バイキング」、テレビ朝日系「中居正広のミになる図書館」など、メディア出演多数。