クララ・シューマンの生涯と作品 人物像と作品の魅力

  • 川嶋ひろ子
  • 川嶋 ひろ子(元尚美学園大学教授)
講師詳細

 ドイツロマン派の代表的作曲家ロベルト・シューマンの夫人であり、幼い頃からリストやショパンに並ぶピアニストとして活躍し、また数多くの作品を作曲したクララ・シューマン。ドイツロマン派を見事に生き抜いた彼女の生涯と、長年埋もれていた美しい作品の数々とその魅力を解説していく。
 内容として「天才少女ピアニスト・音楽家」を育成した教育と環境、ロベルト・シューマンとの恋愛時代が生み出した作品の魅力と特徴、シューマン夫人としての喜びと苦悩と多大な成果、ロベルト死後のクララ・シューマンの活躍と音楽史上における重要性についてひも解く。
  また、生涯にわたって音楽家として生計を立てることのできた世界初の女性クララを支えた家族や周りの人々の存在、そして何より、類い稀な不屈の精神と音楽への深い愛に満ちたクララ自身の人物像を演奏を交えながら明らかにする。(講師・記)

お申し込み
日程
2019/11/2
曜日・時間
土曜 13:00~14:30
回数
1回
受講料(税込)
会員 3,300円 一般 3,960円

講師詳細

川嶋 ひろ子(カワシマ ヒロコ)
武蔵野音楽大学、ベルリン芸術大学卒業。大阪芸術大学、ベルリン市立音楽学校、武蔵野音楽学園などの講師を歴任。尚美学園大学・同大学院にて教授、客員教授を勤める。ライプツィヒ・シューマンハウスでのリサイタルをはじめ、国内外各地でコンサートや放送等に数多く出演。長年クララ・シューマンの研究を続け、研究発表、論文、執筆と共に、演奏やレクチャーによる作品の魅力の紹介に力を入れている。CD「川嶋ひろ子 plays クララ・シューマン」をリリース。音楽誌「レッスンの友」に “シューマン夫妻:愛の軌跡“を連載執筆。「クララ・シューマン全集 1・2巻」を春秋社から世界音楽全集新校訂版シリーズとして初校訂出版。集英社「世界の伝記NEXT クララ・シューマン」監修など執筆活動も展開している。2019年3月から9月にかけて「生誕200年記念~クララ・シューマン全曲コンサート・シリーズ」全5回をヤマハ銀座コンサートサロンにて開催。