バルールと単純化で水彩表現を磨く

  • 張 学平(水彩画家)
講師詳細

明快でかつ奥行き感のある水彩表現には、バルール(画面内の明暗と色のバランス)の訓練がとても重要です。
バラをモチーフに明暗や陰影のつけ方を学び、主役である花を一層引き立てる美しい表現を目指します。透明水彩のテクニックだけではなく、対象を観察した上で省略と単純化するコツも身につけましょう。
色の濃淡や筆使いなどデモンストレーションを交えて指導します。

※モチーフは1回目がバラのみ、2回目がバラ+静物を予定しています。
2回連続した内容になりますが、各回でもお申込みいただけます(お席は限られます)。

お申し込み
日程
2019/10/15, 10/29
曜日・時間
第3週・第5週 火曜 10:00~12:30
回数
2回
受講料(税込)
会員 9,460円 一般 10,780円
持ち物など
【各自ご用意ください】F6水彩紙(水張りかブロックタイプ)、水彩道具一式(絵の具12色以上、丸筆:大中小、平筆:8号程度、パレット)。鉛筆、消しゴム、雑巾など。
※筆洗は備品をご利用できます。

講師詳細

張 学平(チョウ ガクヘイ)
水彩画家。中国清華大学美術学院卒業、多摩美術大学研究生、愛知県立芸術大学大学院(中退)を経て、日本を中心に水彩画創作と講師活動を行う。個展、グループ展多数。nara watercolor studio 主宰。