ルキノ・ヴィスコンティ その映画の背後にあるもの4
  • 教室開催

  • 押場 靖志(学習院大学講師)
講師詳細

『熊座の淡き星影』(1965)
この講座ではルキーノ・ヴィスコンティの映画をひとつとりあげ、歴史的な出来事や文学作品との関係など、作品の背後にあるものを掘り下げてゆきます。今回は、1965年の『熊座の淡き星影』。クラウディア・カルディナーレをさらに売り出すためのプロジェクトとしてスタート。ヴィスコンティにはめずらしいオリジナル脚本により、エトルリア人の地として有名なトスカーナ州のヴォルテッラを舞台に、主人公サンドラ(カルディナーレ)のミステリアスな物語が語られます。共演はフランスからジャン・ソレル、イギリスからマイケル・クレイグという国際的な顔ぶれ。ご一緒にヴィスコンティの世界を味わってゆきたいと思います。
 (講師記)

この講座は終了しました
日程
2023/2/4
曜日・時間
土曜 15:30~17:00
回数
1回
受講料(税込)
会員 3,300円 一般 4,400円
設備費(税込)
165円
持ち物など
<各自ご用意>筆記用具
その他
今回は10階の10号室で授業を行います。

講師詳細

押場 靖志(オシバ ヤスジ)
東京外国語大学イタリア語学科卒。同大学院を修了。「NHKテレビ・イタリア語会話」元講師。現在、学習院大学、法政大学などで講師を務める。訳書に『F・フェリーニ、映画と人生』(白水社)などがある。講師ブログ:雲の中の散歩のように http://hgkmsn.hatenablog.com