ベートーヴェンのピアノソナタ全曲を読み解く 第31番~32番

  • 小鍛冶邦隆講師
  • 小鍛冶 邦隆(東京芸術大学教授)
講師詳細

 バッハの鍵盤音楽以降、最高のピアノ音楽である、ベートーヴェンの全32曲のピアノ・ソナタ各曲を、おおむね2回ずつの講座で分析します。古典派からロマン派へ向かう個性的な音楽語法と、多様なソナタ形式の両面から、新しいベートーヴェン像を探求します。

【予定】
第1回・第2回:ピアノソナタ第31番変イ長調Op.110/シューベルの即興曲風の第一楽章と対比的なシューマン風性格小品的な第二楽章。ファンタジー風の序奏を伴う、晩年特有のフーガ風フィナーレ。

第3回・第4回:ピアノソナタ第32番ハ短調Op.111/劇的な序奏を伴う、リストのソナタの原型とも言える、第一楽章と、やはり晩年様式である長大な変奏曲楽章である第二楽章のみから構成される最後のソナタ。

第5回・第6回:三つの選帝侯ソナタ、第一番変ホ長調WoO47-1、第二番ヘ短調WoW47-2、第三番ニ長調WoO47-3/ベートーヴェン12~3歳の時に作曲され、ケルン選帝侯に献呈された3つのピアノソナタを取り上げ、最初期の音楽様式を詳しく見る。

(講師・記)

この講座は、ご入会が必要です。会員でない方は、ご入会の手続きをお願いいたします。

お申し込み

注意事項

■4月期を7/10~に移行します。ご受講の皆様には葉書でお知らせいたします(5/22)
■新型コロナウイルスの感染拡大予防のため4/1から新宿教室は臨時休業中です。5/22休講。→補講日(1/1)は調整中の為、仮日程です。 (4/24更新)
■新型コロナウイルスの影響を鑑み、小鍛治邦隆講師の講座は4月いっぱい休講いたします。それに伴い春学期の日程も順延いたしました。御確認ください。(3/28記)

日程
2020/7/10, 7/24, 8/28, 9/11, 9/25, 10/9
曜日・時間
第2週・第4週 金曜 10:30~12:00
回数
6回
受講料(税込)
会員 19,800円 
持ち物など
<参考楽譜> 楽譜は各自ご用意ください。(教室での楽譜配布はありません)
推奨版:ウィーン原典版『ベートーヴェン ピアノ・ソナタ集』音楽之友社
その他
・教室は変わる場合があります。10階と11階の変更もあります。当日の案内表示をご確認ください。

講師詳細

小鍛冶 邦隆(コカジ クニタカ)
東京芸術大学音楽学部作曲科卒業。同大学院作曲科を経てパリ国立高等音楽院作曲科でメシアン他、およびウィーン国立音楽大学指揮科でスィトナーに学ぶ。クセナキス国際作曲コンクール(パリ)第一位、東京現代音楽アンサンブルCOmeTのディレクター・指揮者として第3回佐治敬三賞(室内オーケストラの領域Ⅲ)受賞他。著書に「作曲の技法 バッハからウェーベルンまで」(音楽之友社)、「作曲の思想 音楽・知のメモリア」(アルテスパブリッシング)他、翻訳書「ケルビー二 対位法とフーガ講座」(アルテスパブリッシング)、共著「バッバ様式によるコラール技法」(音楽之友社)、CDに「ドゥブル・レゾナンス 小鍛冶邦隆作品集」「銀色夏生の詩によるマドリガルⅠ-Ⅵ」(ALM records)。現在東京芸術大学作曲科教授。