ブラックホールと時空の方程式:15歳からの一般相対論 出版記念講座 

  • 小林 晋平(東京学芸大学准教授)
講師詳細

 『ブラックホールと時空の方程式:15歳からの一般相対論』(森北出版)にはいくつかの特長があります。
 例えば第1章では、ブラックホール時空を表現する数式を読み解くために「難しさの分解と再構築」を実践していますが、これは物理学の考え方をよく表すものであると同時に,あらゆる分野にも応用できる汎用性の高い技法です。また、第5章では特殊相対論を取り上げ、その核心である光速の不変性を「足し算の変形」から、そして時空という概念の必然性を現代物理学の通奏低音である「対称性と不変量」から説明しています。
 それらは「物理学とはどういう学問か」を理解する上で鍵となるものです。この講座ではそうした本書の「読み方」をご案内し、お楽しみいただくためのお手伝いをしたいと思います。(講師・記)

講座当日書籍を販売予定です。https://www.morikita.co.jp/books/book/3153

お申し込み
日程
2019/5/21
曜日・時間
火曜 19:00~20:30
回数
1回
受講料(税込)
会員 3,240円 一般 3,888円
その他
教室は変わる場合があります。10階と11階の変更もあります。当日の案内表示をご確認ください。

講師詳細

小林 晋平(コバヤシ シンペイ)
1974年、長野県生まれ。専門は理論物理学、特に相対論・宇宙論および量子重力。2004年京都大学大学院人間・環境学研究科博士課程修了。博士(人間・環境学)取得。その後、東京大学大学院理学系研究科附属ビッグバン宇宙国際研究センター研究員、日本学術振興会海外特別研究員(カナダ・ウォータールー大学およびペリメーター理論物理学研究所にて研究)、国立群馬工業高等専門学校講師および准教授を経て、現職。