脚長差を知り補正しよう

  • 中村 尚人(理学療法士)
講師詳細

「脚長差」という言葉を聞いたことはありますか?脚の長さの左右差のことです。実は平均で3〜6ミリの差が約9割の方にあるという報告もあります。小さな差ですが、差がある状態で長い期間生活していると、腰痛や膝痛の原因になることも。病院では3センチ以上が補填の基準なので、見過ごされることも多々あります。
理学療法士で「脚の長さコーディネーター」である講師が、脚長差の原因やその影響、補正方法と運動療法などについて解説します。脚長差はスクリーニングテストで測定しつつ、数名の方を見本とした測定も行います。インソールでの補正や改善に役立つ運動も体験します。ズボンの裾直しで左右差が気になっていた方、整体などで脚長差を指摘されたことがある方、歩き方に左右差がある方などの日頃の疑問を解決します。 (講師・記)

お申し込み
日程
2021/3/27
曜日・時間
土曜 12:00~15:00
回数
1回
受講料(税込)
会員 5,390円 一般 6,490円
持ち物など
<各自ご用意ください>筆記用具、室内履き、お持ちの方はヨガマット(貸し出し用マットをご利用の方はバスタオルをお持ちください)
※動きやすい服装(スカート不可)、マスク着用の上ご受講ください。
その他
※講座時間中の講師による個別の測定はできかねます。ご了承ください。
※講座終了後、補高用インソールの販売を予定しています。

講師詳細

中村 尚人(ナカムラ ナオト)
タクトエイト代表、理学療法士、ヨガインストラクター、ピラティスインストラクター。理学療法士免許取得後、大学病院、クリニック、老人保健施設と臨床を経験する。クリニックへの転勤を機にヨガに出会い、インストラクターを取得。その後、ピラティスにも興味を持ち国際ライセンスを取得。病院で患者さんを待っていることに違和感を持ち、自身の使命は予防医学の実現化と悟る。ヨガでは代々木のヨガスクールUTLにて一般中級クラスを担当、およびヨガの解剖学の講師を務める。2008年より、毎年日本最大級のフェスタであるヨガフェスタに講師として参加。2011年、予防医学の実現の為に八王子にタクトエイトを立ち上げるhttp://www.takt8.com 「ヨガの解剖学」「美姿勢レッスン」著、「ティーチングピラティス」監訳、他多数。