新しい私と出会う手帳の書き方 2020年の年間計画

  • さとう めぐみ講師
  • さとう めぐみ(手帳セラピスト)
講師詳細

手帳を新調したいけれど、どんな手帳を選べばいいの?」「忙しくなると手帳を使わなくなってしまう」「手帳を使って毎日を充実させたい」
こんな悩みを解決するのが新しい手帳術「手帳セラピー」です。
1年は12カ月、365日。では1年は何週間でしょうか?答えは52週間。
一週一週のスケジュールを整えていく手帳の書き方「手帳セラピー」を知るだけで、思い通りの幸せな毎日を過ごすことができるようになります。
これまで、自己流の手帳の書き方で挫折してきた人も5色ペンをつかった楽しい手帳術とワークシートで、やりたいことができる自分、ワクワクに満ちた日々に出会ってみませんか?(講師記)

※講座当日、月のマンスリー(月間)ページを資料として配布しますので、手帳をお持ちでなくても参加できます。

※当日は、手帳や書籍の販売を行う予定です。
https://www.utosa.net/

お申し込み
日程
2019/12/18
曜日・時間
水曜 19:00~20:45
回数
1回
受講料(税込)
会員 3,300円 一般 3,960円
持ち物など
筆記用具(シャープペンシル、消しゴム、黒・赤・緑・青・オレンジの5色のペン)
日頃お使いの手帳(お持ちでなくても大丈夫です)
その他
当日は、手帳や書籍の販売を行う予定です。
講座当日月のマンスリー(月間)ページを資料として配布しますので、手帳をお持ちでなくても参加できます。

講師詳細

さとう めぐみ(サトウ メグミ)
1973年山形県生まれ。昭和女子大大学院博士後期課程(日本文学) 修了。キモノコンシェルジュとしても活動中。手帳という身近なツールを使って、暦に親しみ、自然と時間に調和していくことで「シンクロニシティ(意味ある偶然)」を呼び寄せ、自分との幸せな調和をはかる新しい手帳術、「手帳セラピー」を広める活動を行っている。この手帳セラピーは『日経ビジネスアソシエ』『日経ウーマン』『PHP 誌増刊号』『OZマガジン』ほか、さまざまな媒体にて取り上げられている。最新刊『幸せな人がこっそりやっている手帳術』(英和出版)「幸せおとりよせ手帳2019(廣済堂)」好評発売中。http://www.utosa.net/index.html