情熱だけじゃないスペイン vol .2 ピアノで奏でる名曲たち

  • 大滝 俊(ピアニスト)
講師詳細

 昨今、スペインのレパートリーを演奏するピアニストはとても増え、不朽の名作、アルベニスの組曲「イベリア」は、もはやピアノの主要レパートリーとなっている。にもかかわらず、クラシックファンからは、未だになじみの薄い、とてもマニアックな作品群である。
 Vol.1に引き続き、スペインの名曲や珍しい曲を、講師自身による演奏、留学経験を交えて紹介するレクチャー&コンサート講座です。スペインの作品がもつ「哀愁」「キレのあるリズム」「独特の間」等、「情熱」とは一味違う世界を披露します。


<演奏予定曲>
・モンサルバーチェ    イヴェットのためのソナチネ
・アルベニス        組曲イベリアより「エヴォカシオン」
※演奏曲目は予定です。変更する場合もありますのでご了承ください。

お申し込み
日程
2020/3/28
曜日・時間
土曜 13:00~14:30
回数
1回
受講料(税込)
会員 3,520円 一般 4,180円

講師詳細

大滝 俊(オオタキ シュン)
ピアニスト。新潟生まれ。10歳でポーランド・クラクフ交響楽団と共演。桐朋女子高等学校音楽科(男女共学)卒業後、スペイン・バルセロナにてグラナドス・マーシャル音楽院に入学。アリシア・デ・ラローチャに師事。Festival de musicos jovenes de Cataluna 優勝。マジョルカ島カプデペラ国際コンクール3位。スペイン音楽修士課程修了。スペイン各地でソロリサイタルを行う。帰国後、日本各地でソロリサイタル、演奏家との共演、伴奏を行う。2009年デビューアルバム「カタルーニャの響き」、2015年ミニアルバム「アルハンブラの想い出」をリリース。2018年カワイ出版より楽譜「ピアノ左手のためのアルハンブラの想い出」(タレガ=大滝 編)出版。オリジナリティに富んだプログラム構成、男性ならではの無理の無い余力に満ちた演奏が特徴である。