【オンライン受講】リストのピアノ曲 比類なき魅力への誘い
  • 教室・オンライン同時開催

  • ©Ariga Terasawa
  • 東 誠三(ピアニスト・東京芸術大学教授)
講師詳細

 稀代のヴィルトゥオーゾ・ピアニストとして、自身のキャリアをスタートさせたフランツ・リスト。今回は、彼の作曲活動の中核を占めるピアノ曲から、3つのそれぞれ異なる性格を持つ作品を取り上げ、その魅力に迫ります。
 リストのピアノ曲は数多ありますが、誰もが目を見張る名技性を持つと共に、詩的な抒情性という点でも比類ない特質を発揮しています。それらを代表する2作品と共に、民俗的であり非常に分かりやすい構成のハンガリー狂詩曲集より、最も有名な第2番を、「リスト以来のヴィルトゥオーゾ」と称えられた、ウクライナ出身の大ピアニスト、ウラディミール・ホロヴィッツのアレンジによる版で演奏します。 (講師・記)

〈演奏予定曲目〉
ラ・カンパネッラ
ペトラルカのソネット第104番
ハンガリー狂詩曲第2番(ホロヴィッツ編)

〈ご案内事項〉
・オンラインセミナーアプリ「Zoom」ウェビナーを使ったオンラインでも、教室でも受講できるハイブリッド講座です(講師は教室)。パソコンやスマートフォン、タブレットでも配信を見ることができます。
・本講座は後日アーカイブ動画(1週間限定配信)のリンクをお送りいたします。期間内は受講者は何度でもご視聴いただけます。
・配布資料がある場合はメールでご案内いたします。郵送はしておりません。
・開講日の前日夜までにメールアドレス登録のある受講者の皆様に講座視聴リンクと受講のご案内をメールでお知らせいたします。弊社からのメールが届かない事案が発生しておりますため、モバイルメールアドレス(docomo、ezweb、SoftBankなど)はなるべく使用しないようお願い申し上げます。メールが届かない場合は asaculonline001@asahiculture.com までお問合せください。
・Zoomのソフトウェアを必ず最新版にアップデートの上ご覧ください。スマートフォンやタブレットで視聴する場合はZoomアプリを事前にダウンロードしてください。
・ネット環境による切断やその他アプリの障害が起きた場合には、当社は責任を負いかねます。 またやむを得ない事情により実施できなかった場合は、受講料の全額をお返しいたします。
・第三者との講座視聴リンクのの共有や貸与、SNSを含む他の媒体への転載、また、講座で配布した教材を受講目的以外で使用することは著作権の侵害になりますので、固くお断りいたします。
・オンライン講座の申し込みはWEB決済のみで承ります(開講日前日まで)。キャンセルは開講日の4日前まで承ります(手数料550円)。キャンセルの場合はasaculonline001@asahiculture.comまでご連絡ください。その後のキャンセルはできませんのであらかじめご了承ください。

お申し込み

注意事項

・オンライン受講を承ります。教室受講はリンク先よりお申込みください→https://www.asahiculture.jp/course/shinjuku/7c016a9f-6560-d5b1-95e3-6257cc7b262f
・本講座はZoomウェビナーを使用したハイブリッド講座です(講師は教室)。開講日の前日夜までに受講者の皆様に講座視聴リンクと受講のご案内をメールでお知らせいたします。メールが届かない場合は、 【asaculonline001@asahiculture.com】 までお問合せください。
・ソフトウェアを必ず最新版にアップデートの上ご覧ください。受講者全員に後日アーカイブ動画(1週間限定配信)のリンクをお送りいたします。

日程
2022/9/16
曜日・時間
金曜 19:00~20:30
回数
1回
受講料(税込)
会員 3,553円 一般 4,653円
設備費(税込)
165円
その他
・この講座の受講料には音楽使用料が含まれています。

講師詳細

東 誠三(アズマ セイゾウ)
真摯なアプローチから生まれる多彩な音色と、溢れる生命力によって紡がれる東誠三の音楽は、近年益々その評価を高めている。
1962年生まれ。東京音楽大学付属高校から東京音楽大学に進み、井口愛子、中島和彦、野島稔、片岡ハルコの各氏に師事。 1983年、第52回日本音楽コンクール第1位。 同校卒業と同時に、フランス政府給費留学生としてパリ国立高等音楽院に留学。 日本国際、モントリオール(カナダ)、カサドシュ(アメリカ)など、数多くの国際コンクールに入賞し、演奏活動に入る。
これまでに、ヨーロッパ、北米などでリサイタル、オーケストラと共演し、国内ではN響をはじめ、各地の主要オーケストラにソリストとして招かれている。1998年には、第24回ショパン協会賞を受賞。ソロ活動と共に室内楽にも強い意欲を示し、「ボア・ヴェール・トリオ」での活動をはじめ、 多くのトップソリストたちと絶妙なコラボレーションを聴かせている。
2008年より2012年にかけ、全8回のベートーヴェン:ピアノ・ソナタ全曲演奏会が三春交流館「まほら」にて開催され、好評を博した。2012年には、ジュネーヴ国際音楽コンクール・ピアノ部門の審査員を務めた。
CDは「ベートーヴェン:悲愴&告別ソナタ」、「ラ・カンパネラ~リスト名曲集」、ベートーヴェン:ピアノ・ソナタ全曲演奏会シリーズのライブ録音全9集等、これまでに多数リリース。いずれも高い評価を受けている。また、「前橋汀子~ヴァイオリン名曲100選」をはじめ、共演盤も数多い。
現在、活発な演奏活動と共に、東京藝術大学教授、東京音楽大学客員教授、スズキ・メソード特別講師長として後進の指導も行っている。また、近年では、日本音楽コンクールをはじめ、数々のコンクールの審査を務める他、フランスの「MusicAlp」夏期音楽アカデミー&フェスティバルに招かれている。日本ショパン協会理事。