忠臣蔵の舞台裏~討ち入りは、超お金がかかる 『決算!忠臣蔵』公開記念

  • ©2019「決算!忠臣蔵」製作委員会
  • 中村義洋監督
  • 山本博文氏(原作)
  • 中村 義洋(映画監督)
  • 山本 博文(東京大学教授)
講師詳細

これまで何度も映画化されてきた「忠臣蔵」。
今回公開される中村義洋監督の『決算!忠臣蔵』は、『「忠臣蔵」の決算書』(山本博文著/新潮新書)を原作に、赤穂浪士たちのお金事情を描いたこれまでにない新しいエンターテインメント作品です。
本講座では、中村義洋監督をお迎えし、原作の山本博文氏が忠臣蔵のもとになった赤穂事件をお金の面から解説し、二人で『決算!忠臣蔵』について縦横に語り合います。

この講座は終了しました
日程
2019/11/13
曜日・時間
水曜 15:30~17:00
回数
1回
受講料(税込)
会員 3,740円 一般 4,400円
持ち物など
・住友ビル10階の教材コーナーでお得なムビチケも販売しています。
その他
※教室は変わる場合があります。10階と11階の変更もあります。当日の案内表示をご確認ください。

講師詳細

中村 義洋(ナカムラ ヨシヒロ)
1970年茨城県生まれ。映画監督、脚本家。
主な監督作品に『アヒルと鴨のコインロッカー』(07)、『チームバチスタの栄光』(08)、『フィッシュストーリー』(09)、『ジェネラル・ルージュの凱旋』(09)、『ゴールデンスランバー』(10)、『ちょんまげぷりん』(10)、『ポテチ』(12)『みなさん、さようなら』(13)、『白ゆき姫殺人事件』(14)、『予告犯』(15)『残穢-住んではいけない部屋』(16)、『殿、利息でござる!』(16)、『忍びの国』(17)など。最新作は11月22日公開の『決算!忠臣蔵』。
山本 博文(ヤマモト ヒロフミ)
1957年、岡山県津山市生まれ。1980年、東京大学文学部国史学科卒業。同大学大学院人文科学研究科修士課程を経て、現在は東京大学史料編纂所教授。文学博士(東京大学)。専攻は日本近世史。主な著書に、『参勤交代』(講談社現代新書)、『島津義弘の賭け』(中公文庫)、『日本史の一級史料』(光文社新書)、『「忠臣蔵」の決算書』(新潮新書)、『大江戸御家相続』(朝日新書)、『歴史をつかむ技法』(新潮新書)、『流れをつかむ日本の歴史』(カドカワ)、『江戸散歩』(カドカワ)など多数。