• 見学可

おもしろいエッセイを書こう

  • 中島 たい子(作家)
講師詳細

エッセイは「現実にあったことを書く」のが基本ですが、「創作」の一つでもあります。矛盾しているようにも思えますが、自分の体験を最大限におもしろく語って、上手にまとめれば、素敵な「作品」が生まれます。また構成から表現まで、短い文を書く中で大切なことが学べるので、チャレンジすると腕がぐんと上がり、物を書く様々な場で活用できます。作品をいくつか書きためておけば、ちょっとした「自分史」にもなります。
講義では、提示されたテーマ(お題)から、思い浮かんだこと、自身の体験などを書いていただき、他の人にはない自分だけのおもしろい「視点」を探っていきます。文章を書くのが苦手でも入りやすい創作なので、ぜひ挑戦してみてください。(講師・記)
※初回は講義です。作品提出につきましては教室内にてご案内いたします。

お申し込み

注意事項

・休講4/25、5/23、6/27→補講8/22、9/26、10/24
・7/25は1月期の補講です。

日程
2020/8/22, 9/26, 10/24
曜日・時間
第4 土曜 13:00~14:30
回数
3回
受講料(税込)
会員 10,230円 一般 13,530円
教材費(税込)
教材費 330円
その他
※教室は変わる場合があります。10階と11階の変更もあります。当日の案内表示をご確認ください。

講師詳細

中島 たい子(ナカジマ タイコ)
1969年東京生まれ。多摩美術大学卒。脚本家を経て、2004年「漢方小説」で第28回すばる文学賞を受賞。近著に「院内カフェ」「がっかり行進曲」「万次郎茶屋」などがある。