ルネサンス美術の始まり シエナの画家たち オンライン講座
  • 教室・オンライン同時開催

  • 松浦弘明講師
  • ピエトロ・ロレンツェッティ 「キリスト受難伝」連作 アッシジ サン・フランチェスコ聖堂
  • 松浦 弘明(多摩美術大学教授)
講師詳細

 13世紀にフィレンツェと競うようにして経済的発展を遂げたシエナは、美術においても中世とは異なる新しい表現が見られるようになります。そして14世紀に入り、フィレンツェの画家ジョットの影響を受けながらも、独自の表現を確立したのがロレンツェッティ兄弟とシモーネ・マルティーニでした。
 今期はアッシジのサン・フランチェスコ聖堂下堂の壁画を中心に、ロレンツェッティ兄弟とシモーネ・マルティーニの特徴を浮き彫りにしていきます。(講師・記)

〈スケジュール〉
第1回(10月7日)ピエトロ・ロレンツェッティの「キリスト受難伝」連作(1)
第2回(10月21日)ピエトロ・ロレンツェッティの「キリスト受難伝」連作(2)
第3回(11月4日)ピエトロ・ロレンツェッティの「キリスト受難伝」連作(3)
第4回(11月18日)シモーネ・マルティーニ「聖マルティヌス伝」連作(1)
第5回(12月2日)シモーネ・マルティーニ「聖マルティヌス伝」連作(2)
第6回(12月16日)シエナ大聖堂を飾る祭壇画


〈ご案内事項〉
・本講座は教室でも、オンラインセミナーアプリ「Zoom」ウェビナーを使ったオンラインでも、受講できるハイブリッド講座(講師は教室)として開講します。Zoomは簡単にダウンロードでき、パソコンやタブレット、スマートフォンで配信を見ることができます。
・本講座は受講者全員に後日アーカイブ動画(1週間限定配信)のリンクをお送りいたします。期間内は受講者は何度でもご視聴いただけます
・配布資料がある場合はメールでご案内いたします。郵送はしておりません。
・開講日の前日夜までに受講者の皆様に講座視聴URLとパスワード、および受講のご案内をメールでお知らせいたします。弊社からのメールが届かない事案が発生しておりますため、モバイルメールアドレス(docomo、au、SoftBank、Y!mobileなど)はなるべく使用しないようお願い申し上げます。
メールが届かない場合は asaculonline001@asaiculture.com までお問合せください。
・Zoomのソフトウェアを必ず最新版にアップデートの上ご覧ください。
・ネット環境による切断やその他アプリの障害が起きた場合には、当社は責任を負いかねます。 またやむを得ない事情により実施できなかった場合は、受講料の全額をお返しいたします。
・第三者との講座URLの共有や貸与、SNSを含む他の媒体への転載、また、講座で配布した教材を受講目的以外で使用することは著作権の侵害になりますので、固くお断りいたします。
・オンライン講座の申し込みはWEB決済のみで承ります(開講日前日まで)。キャンセルは開講日の4日前まで承ります(手数料550円)。キャンセルの場合はasaculonline001@asaiculture.comまでご連絡ください。その後のキャンセルはできませんのであらかじめご了承ください。

この講座は、ご入会が必要です。会員でない方は、ご入会の手続きをお願いいたします。

お申し込み

注意事項

・本講座は教室でも、オンラインセミナーアプリ「Zoom」ウェビナーを使ったオンラインでも、受講できるハイブリッド講座(講師は教室)として開講します。開講日の前日に受講者の皆様に講座視聴URLとパスワード、および受講のご案内をメールでお知らせいたします。メールが届かない場合は、 asaculonline001@asahiculture.comまでお問合せください。
・ソフトウェアを必ず最新版にアップデートの上ご覧ください。本講座は受講者全員に後日動画(1週間限定配信)のリンクをお送りいたします。期間内は受講者は何度でもご視聴いただけます。

日程
2021/10/7, 10/21, 11/4, 11/18, 12/2, 12/16
曜日・時間
木曜 10:30~12:00
回数
6回
受講料(税込)
会員 19,800円 
設備費(税込)
990円
その他
教室は変わる場合があります。10階と11階の変更もあります。当日の案内表示をご確認ください。

講師詳細

松浦 弘明(マツウラ ヒロアキ)
東京芸術大学美術学部芸術学科卒。同大学院博士課程修了。イタリア政府給費留学生としてフィレンツェ大学美術史学科に留学。現在、多摩美術大学、東京芸術大学等で西洋美術史、イタリア語の講義を担当。元NHKラジオ講座講師。著書・訳書に、『イタリア・ルネサンス美術館』(東京堂出版)、『レオナルド・ダ・ヴィンチの世界』(共著、東京堂出版)、『イタリア・ルネサンス美術論』(共著、東京堂出版)、『彫刻の解剖学』(ありな書房)、『祭壇画の解体学』(ありな書房)、『マザッチョ』(東京書籍)、『ラファエロ』(共著、河出書房新社)など。