【オンライン受講】小泉八雲がみた明治日本の面影 神々の国の首都に住まふ443日オンライン講座
  • 教室・オンライン同時開催

  • 提供:小泉八雲記念館
  • 小泉 凡(小泉八雲記念館館長)
講師詳細

-小泉八雲(ラフカディオ・ハーン)がみた明治日本の面影-

「神々の国の首都」とは、小泉八雲が松江に与えた美称。この地で過ごした443日は、八雲の54年間の人生でも出色の価値をもちます。ちょうど70年前、松江市は京都・奈良についで日本で3つ目の国際文化観光都市に制定されます。その理由は、八雲の代表作『知られぬ日本の面影』(1894)によって世界に周知されたからです。
講座では、「八雲はいつ出雲を知ったか」「神々の国の首都のサウンドスケープ」「陰と移ろいの発見」「フォークロリスト(民俗学者)―怪談と護符の蒐集」「出雲大社訪問と神道理解」「妖怪博士、井上円了との出会い」「日常生活」「八雲がみたコレラ流行」「再発見!今も残る日本の面影」という多角的な視点から、八雲が松江に見出した「明治日本の面影」を浮き彫りにします。
(講師記)


〈ご案内事項〉
・本講座はオンラインセミナーアプリ「Zoom」ウェビナーを使ったオンライン講座です。パソコンやタブレット、スマートフォンで配信を見ることができます。受講者側のお名前や映像、音声は配信されません。
・本講座はオンライン受講者に後日アーカイブ動画(1週間限定配信)のリンクをお送りいたします。期間内は受講者は何度でもご視聴いただけます。
・配布資料がある場合はメールでご案内いたします。郵送はしておりません。
・開講日の前日夜までに受講者の皆様に講座視聴リンクと受講のご案内をメールでお知らせいたします。弊社からのメールが届かない事案が発生しておりますため、モバイルメールアドレス(docomo、ezweb、SoftBankなど)はなるべく使用しないようお願い申し上げます。メールが届かない場合は asaculonline001@asahiculture.com までお問合せください。
・Zoomのソフトウェアを必ず最新版にアップデートの上ご覧ください。スマートフォンやタブレットで視聴する場合はZoomアプリを事前にダウンロードしてください。
・ネット環境による切断やその他アプリの障害が起きた場合には、当社は責任を負いかねます。 またやむを得ない事情により実施できなかった場合は、受講料の全額をお返しいたします。
・第三者との講座視聴リンクの共有や貸与、SNSを含む他の媒体への転載、また、講座で配布した教材を受講目的以外で使用することは著作権の侵害になりますので、固くお断りいたします。
・オンライン講座の申し込みはWEB決済のみで承ります(開講日前日まで)。キャンセルは開講日の4日前まで承ります(手数料550円)。キャンセルの場合はasaculonline001@asahiculture.comまでご連絡ください。その後のキャンセルはできませんのであらかじめご了承ください。

※教室受講のお申込みページはこちら↓↓↓
https://www.asahiculture.jp/course/shinjuku/dc24d723-0738-3232-88fc-60f1241a646c

お申し込み

注意事項

・本講座はZoomウェビナーを使用したハイブリッド講座です(講師は教室)。開講日の前日夜までに受講者の皆様に講座視聴URLとパスワード、および受講のご案内をメールでお知らせいたします。メールが届かない場合は、 【asaculonline001@asahiculture.com】 までお問合せください。
・ソフトウェアを必ず最新版にアップデートの上ご覧ください。オンライン受講者に後日アーカイブ動画(1週間限定配信)のリンクをお送りいたします。

日程
2021/11/14
曜日・時間
日曜 14:00~15:30
回数
1回
受講料(税込)
会員 3,300円 一般 4,400円
設備費(税込)
165円

講師詳細

小泉 凡(コイズミ ボン)
1961年東京生。成城大学・同大学院修了。専門は民俗学、文化資源学。1987年に松江へ赴任。島根女子短期大学講師・助教授、 島根県立大学短期大学部教授を経て現職。2001年~2002年はセントラル・ワシントン大学交換教授。文化資源を発掘し観光に生かす実践研究や、子どもの五感力育成をめざすプロジェクト「子ども塾」で塾長として活動する。主著に『民俗学者・小泉八雲』(恒文社)、『怪談四代記 八雲のいたずら』(講談社)、共著に『文学アルバム小泉八雲』(恒文社)ほか。小泉八雲の直系のひ孫にあたる。焼津小泉八雲記念館名誉館長。