「源氏物語」研究 匂兵部卿の巻・紅梅の巻

  • 今井 久代(東京女子大学教授)
講師詳細

 物語文学は、想像を駆使して作り出される虚構の話であろうとする。『源氏物語』はその虚構のしくみを徹底的に深化させていくところから、人間や人間世界の普遍的な真相に深く触れている。 
 偉大な光源氏の物語は終わり、次世代の物語が幕を開けた。新たな主人公は、表向きは光源氏と女三の宮の子、実は柏木を父とする不義の子、薫である。光源氏との血のつながりは薄いが、ある意味では光源氏の人生の負の部分を引き継いでいる。その意味では、二人は運命の親子なのかもしれない。
 しかし物語は、開始早々どちらに向かおうか迷走している感もある。もう一人の主人公のように、光源氏の孫、今上帝と明石中宮の子、匂兵部卿宮も登場する。二人を中心とする物語世界の奥行きを確かめながら、物語はどこへ向かうのか、親子の関わりがつねに背後に沈む、新たな物語の世界を考えてゆきたい。(講師・記)

※2006年1月鈴木日出男講師開講、2014年1月より高木和子講師、2017年6月より今井久代講師。

<テキスト>教室でプリントを配布いたします。
<参考書>『新編日本古典文学全集24 源氏物語(5)』(小学館)または「源氏物語12 第12巻」(小学館)。「源氏物語図典」(小学館)

この講座は、ご入会が必要です。会員でない方は、ご入会の手続きをお願いいたします。

この講座は終了しました

注意事項

・教室は変わる場合があります。10階と11階の変更もあります。当日の案内表示をご確認ください。

日程
2019/10/1, 10/15, 10/29, 11/5, 11/19, 12/3, 12/17
曜日・時間
火曜 10:30~12:00
回数
7回
受講料(税込)
会員 23,100円 
持ち物など
<テキスト>教室でプリントを配布いたします。
<参考書>『新編日本古典文学全集24 源氏物語(5)』(小学館)または「源氏物語12 第12巻」(小学館)。
「源氏物語図典」(小学館)

講師詳細

今井 久代(イマイ ヒサヨ)
1962年愛媛県出身。東京大学大学院博士課程修了、博士(文学)。東京女子大学現代教養学部教授。『源氏物語』など平安時代の物語や和歌の、表現や構造について研究。著書に、『源氏物語構造論-作中人物の動態をめぐって』(風間書房,2001,第四回紫式部学術賞受賞)がある。岩波文庫『源氏物語』全九冊(岩波書店。新大系の新装版。2017年7月より順次刊行予定)の編集協力。((一)、(二)、(三)、(四)所収の巻の注釈及び(四)を担当を担当)。