日本料理「龍吟」材華やぐ極上の趣向に心酔

  • 山本 征治(代表)
講師詳細

ミシュラン8年連続三ツ星に輝く銘店中の銘店。日本風土が育む世界に誇れる季節の魅力を豊かなる工夫で余す事なく引き立て、芳醇なれど極限まで清らかな味わいに仕立てられた絶品の数々をご賞味下さい。2003年六本木に開店以来、日本料理の枠に留まらず常に日本の食シーンに貢献し牽引し続ける「日本料理 龍吟」が開業15周年を機に、満を辞して次なる輝かしきステージを求めたのが日比谷の地。新たなスタートに際しても変わらず本物の追求と継承を志に、日本料理に対する真摯な使命感を食材に映した料理はまさに圧巻。国内の至宝の素材たちが温度や香り、うま味をこのうえなく惹き出された官能的ともいえる味覚はため息を誘います。審美眼に支えられた器とともに、鮎や鱧など季節の一期一会を愛でる特別な宴へぜひお出かけ下さい。(企画協力/フードコミュニケーションプランナー佐野弥生子)

◆日程ご注意ください。【6/25 火曜日  17:30~20:00】

【*ホームページで満員表示の場合 残席1席の場合もございますので、恐れ入りますがTELでお問い合わせ下さい。】

◇会場:「龍吟」 千代田区有楽町1-1-2 東京ミッドタウン日比谷7階  ℡.03-6630-0007
※11:50受付開始 ※東京メトロ千代田線「日比谷駅」駅直結  又は、・JR山手線「有楽町駅」徒歩5分 
 
◎食事付講座の取消について
【6/13まで当社規定】、【6/14から全額】から全額の取消手数料が発生します。
◆個室貸し切り8名限定。・満員でない場合は、貸し切りでない場合もございます。 
※食事代、サービス料を含む。お飲み物代別。
◆開始時間に遅れた場合は、全てのお料理をご提供できない場合がございます。
(*ご連絡なく30分以上遅れた場合は、食事のご提供を致しかねます)

◆必ず、欠席、遅刻連絡は(平日・土曜日9:30~17:30)プロジェクト事業本部<℡03-3344-2041>。

・筆記用具 料理の撮影もできます。ご希望の方はデジタルカメラをお持ちください。
・食材によってアレルギーのある方は、必ず事前に(ご予約・お申込の際)にお申し出ください。

お申し込みは、電話(コンビニ振込)、WEB、受付窓口で先着順に承ります。コンビニ振込の場合は振込用紙がご到後1週間以内にお支払い手続きをお済ませください。ご入金と同時にお申し込み受付が完了となります。




申し訳ありませんが、こちらの講座はホームページからのお申し込みはできません。恐れ入りますが、当教室にお問い合わせください。

お申込みはお電話03-3344-1941で
日程
2019/6/25
曜日・時間
火曜 17:30~20:00
回数
1回
受講料(税込)
会員 46,250円 一般 46,900円
持ち物など
◆会場:「龍吟」 千代田区有楽町1-1-2 東京ミッドタウン日比谷7階 TEL.03-6630-0007※17:20受付開始◆東京メトロ千代田線「日比谷駅」駅直結  又は、・JR山手線「有楽町駅」徒歩5分◆【6/13まで当社規定】、【6/14から全額】の取消手数料が発生します。◆開始時間に遅れた場合は、全てのお料理をご提供できない場合がございます。(*ご連絡なく30分以上遅れた場合は、食事のご提供を致しかねます。)◆満員でない場合は、貸し切りでない場合もございます。◆欠席、遅刻連絡は(平日・土曜日9:30~17:30)プロジェクト事業本部〈℡03-3344-2041〉まで。※食事代、サービス料を含む。お飲み物代別。◎食材によってアレルギーのある方は、必ず事前に(ご予約・お申込の際)にお申し出ください。◆お申し込みは、電話(コンビニ振込)、WEB、受付窓口で先着順に承り、コンビニ振込の場合は振込用紙がご到後1週間以内にお支払い手続きをお済ませください。ご入金と同時に受付が完了となります。・筆記用具 料理の撮影(デジタルカメラ可)もできます

講師詳細

山本 征治(ヤマモト セイジ)
1970 年高松市生まれ。料理とは全く無縁の家系に生まれながらも、11 歳の時に将来は料理人として生き抜く事を心 に誓う。15 歳の時、料理への想いを両親に語り尽し、家を飛び出し社会に出る。 料理の世界に入るも、中卒である事を理由に冷ややかに罵られ、その環境に涙しながらも、 いつか誰よりも...という、強い志を抱く。四国調理師専門学校卒業後、日本料理を 14 年に渡り修業。2003 年 12 月東京六本木にオーナ ーシェフとして独立開業し、『日本料理 龍吟』をオープンさせる。以後、ヨーロッパ各地やアメリカの料理学会に日本代表として幾度となく招聘され、独自に開発した多くの技術を世界に向けて発表するとともに、日本料理の伝統技術の検証を重ね、技術と発信力の両面で日本料理の可能性を世界に示す。2012 年 6 月、香港・九龍 ICC ビル101階に「天空 龍吟」を、2014 年 10 月、台北・大直 に「祥雲 龍吟」をオープン。1986 年創刊のフランスの食専門誌「LE CHEF」が年に一度行っている、世界各国のミシュ ラン三ツ星に選定された全シェフ、及び全二ツ星シェフの投票により決定する「世界のシェ フ 100 人」において、世界で唯一5連続のトップ 10 入りを果たす(2019年現在)。日本料理は日本人が、世界に対し本物を発信できる唯一の料理。国家職務に等しく、日本の 国技である。 少年時代、社会で独り生き抜く苦労を味わいながら、自らが抱いた、この想いを頑なに貫き、 現在、自身を取りまく全ての環境でそれを形にしている。現在はアジア3ヶ国から世界に向けて日本料理をリアルに発信している。著書 『日本料理 龍吟』 山本 征治 著/高橋書店/2012 年