アルチンボルド「ウェルトゥムヌスとしての皇帝ルドルフ二世」 一枚の絵から オンライン講座
  • オンライン講座

  • Vertumnus årstidernas gud målad av Giuseppe Arcimboldo 1591
  • 桑木野幸司講師
  • 桑木野 幸司(大阪大学栄誉教授)
講師詳細

 アルチンボルドはミラノ出身の多才な芸術家で、1562年以降、神聖ローマ帝国のハプスブルク皇帝三代に仕え、花々や果実、動物を巧みに組み合わせた合成頭部の絵画シリーズを手掛けた。どこかユーモラスでちょっと不気味なその画面構成の背後には、四元素による宇宙観や、自然のミクロコスモス化、さらには皇帝権力の表象といった、重厚なメッセージが充填されていた。本講義では、アルチンボルドの合成頭部シリーズの最高傑作ともいうべき、皇帝ルドルフ二世の肖像の読解を最終目標に、同画家の四元素/四季の頭部シリーズにも分析の射程を広げてみたい。この摩訶不思議な絵画作品に織り込まれた様々意味や象徴性は、美術的観点ばかりでなく、同時代の自然科学や政治、哲学思想をも幅広く参照することによって、はじめて明らかになるだろう。(講師・記)

画像:Vertumnus årstidernas gud målad av Giuseppe Arcimboldo 1591 public domain

シリーズ「一枚の絵」 一枚の絵から画家の本質に迫るオンライン講座シリーズ
一覧はこちら↓↓↓
https://www.asahiculture.jp/special/shinjuku/art_picture

・本講座はオンラインセミナーアプリ「Zoom」ウェビナーを使ったオンライン講座です。パソコンやタブレット、スマートフォンで配信を見ることができます。受講者側のお名前や映像、音声は配信されません。
・本講座は受講者全員に後日アーカイブ動画(1週間限定配信)のリンクをお送りいたします。期間内は受講者は何度でもご視聴いただけます
・配布資料がある場合はメールでご案内いたします。郵送はしておりません。
・開講日の前日夜までに受講者の皆様に講座視聴URLとパスワード、および受講のご案内をメールでお知らせいたします。弊社からのメールが届かない事案が発生しておりますため、モバイルメールアドレス(docomo、au、SoftBank、Y!mobileなど)はなるべく使用しないようお願い申し上げます。メールが届かない場合は asaculonline001@asahiculture.com までお問合せください。
・Zoomのソフトウェアを必ず最新版にアップデートの上ご覧ください。
・ネット環境による切断やその他アプリの障害が起きた場合には、当社は責任を負いかねます。 またやむを得ない事情により実施できなかった場合は、受講料の全額をお返しいたします。
・第三者との講座URLの共有や貸与、SNSを含む他の媒体への転載、また、講座で配布した教材を受講目的以外で使用することは著作権の侵害になりますので、固くお断りいたします。
・オンライン講座の申し込みはWEB決済のみで承ります(開講日前日まで)。キャンセルは開講日の4日前まで承ります(手数料550円)。キャンセルの場合はasaculonline001@asaiculture.comまでご連絡ください。その後のキャンセルはできませんのであらかじめご了承ください。

お申し込み

注意事項

・本講座はZoomウェビナーを使用したオンライン講座です。
開講日の前日夜までに受講者の皆様に講座視聴URLとパスワード、および受講のご案内をメールでお知らせいたします。メールが届かない場合は、 【asaculonline001@asahiculture.com】 までお問合せください。
・ソフトウェアを必ず最新版にアップデートの上ご覧ください。受講者全員に後日アーカイブ動画(1週間限定配信)のリンクをお送りいたします。
また本講座は受講者全員に後日動画(1週間限定配信)のリンクをお送りいたします。期間内は受講者は何度でもご視聴いただけます。

日程
2021/12/25
曜日・時間
土曜 13:00~14:30
回数
1回
受講料(税込)
会員 3,300円 一般 3,850円

講師詳細

桑木野 幸司(クワキノ コウジ)
1975年静岡県浜松市生まれ。東京大学大学院工学系研究科博士課程・単位取得退学、ピサ大学美術史学科博士課程修了(博士:Dottore di Ricerca in Storia delle arti visive e dello spettacolo)。現在、大阪大学文学研究科教授。学術振興会賞受賞。『ルネサンス庭園の精神史』(白水社)でサントリー学芸賞受賞。他の著書に『記憶術全史:ムネモシュネの饗宴』(講談社メチエ)、『叡智の建築家:記憶のロクスとしての16-17世紀の庭園、劇場、都市』(中央公論美術出版)他。