【オンライン受講】対談 映画「痛くない死に方」 ―人生の最期を選択する オンライン講座

  • 高橋伴明氏
  • 長尾和宏氏
  • 高橋 伴明(監督・脚本)
  • 長尾 和宏(原作・医療監修)
講師詳細

 高齢化と医学の進歩が進み、私たちの寿命は延びつつあります。人生の最期をどう生きるのか、死に方の選択肢を考えることも必要になってきているのではないでしょうか。
 映画「痛くない死に方」では、末期患者とその家族に向き合う在宅医の姿を通して、終末医療の在り方や看取りの現場が描かれています。
 映画公開記念として、原作『痛くない死に方』、『痛い在宅医』の著者であり、長尾クリニック院長の長尾和宏氏と、監督・脚本を務めた高橋伴明氏が、人生の最期の迎え方、自身のそして家族の老いをどう受け入れ、後悔なく過ごしていくかを語り合います。

★教室受講はこちらから★
https://www.asahiculture.jp/course/shinjuku/4cee0d02-17bc-5aad-5a55-6037241cd228

〈ご案内事項〉
・本講座は教室でも、オンラインセミナーアプリ「Zoom」ウェビナーを使ったオンラインでも、受講できるハイブリッド講座です(講師は教室)。パソコンやタブレット、スマートフォンで配信を見ることができます。
・本講座はメール登録のある受講者全員に後日アーカイブ動画(1週間限定配信)のリンクをお送りいたします。期間内は受講者は何度でもご視聴いただけます。
・配布資料がある場合はメールでご案内いたします。郵送はしておりません。
・開講日の前日夜までにメールアドレス登録のある受講者の皆様に講座視聴URLとパスワード、および受講のご案内をメールでお知らせいたします。弊社からのメールが届かない事案が発生しておりますため、モバイルメールアドレス(docomo、au、SoftBank、Y!mobileなど)はなるべく使用しないようお願い申し上げます。メールが届かない場合は asaculonline001@asahiculture.com までお問合せください。
・Zoomのソフトウェアを必ず最新版にアップデートの上ご覧ください。
・ネット環境による切断やその他アプリの障害が起きた場合には、当社は責任を負いかねます。 またやむを得ない事情により実施できなかった場合は、受講料の全額をお返しいたします。
・第三者との講座URLの共有や貸与、SNSを含む他の媒体への転載、また、講座で配布した教材を受講目的以外で使用することは著作権の侵害になりますので、固くお断りいたします。
・オンライン講座の申し込みはWEB決済のみで承ります(開講日前日まで)。キャンセルは開講日の4日前まで承ります(手数料550円)。キャンセルの場合はasaculonline001@asahiculture.comまでご連絡ください。その後のキャンセルはできませんのであらかじめご了承ください。

中途受講はできません

この講座は終了しました

注意事項

・本講座はZoomウェビナーを使用した教室でもオンラインでも受講できるハイブリッド講座です(講師は教室)。開講日の前日夜までに受講者の皆様に講座視聴URLとパスワード、および受講のご案内をメールでお知らせいたします。メールが届かない場合は、 asaculonline001@asahiculture.com】までお問合せください。
・ソフトウェアを必ず最新版にアップデートの上ご覧ください。受講者全員に後日アーカイブ動画(1週間限定配信)のリンクをお送りいたします。

日程
2021/2/28
曜日・時間
日曜 14:00~15:30
回数
1回
受講料(税込)
会員 3,520円 一般 4,070円

講師詳細

高橋 伴明(タカハシ バンメイ)
1949年生。奈良県出身。1972年「婦女暴行脱走犯」で監督デビュー。以後、若松プロダクションに参加。60本以上のピンク映画を監督。
1982年「TATTO〈刺青〉あり」(主演:宇崎竜童)でヨコハマ映画祭で監督賞を受賞。以来、脚本・演出・プロデュースと幅広く活躍。
1994年「愛の新世界」(主演:鈴木砂羽)で大坂映画祭監督賞受賞し、ロッテルダム映画祭で上映された。主な監督作品、2001年「光の雨」(主演:萩原聖人)、2005年「火火」(主演:田中裕子)、2008年「丘を越えて」(主演:西田敏行)、「禅ZEN」(主演:中村勘太郎)、「BOX袴田事件 命とは」(主演:萩原聖人)、2015年「赤い玉、」(主演:奥田瑛二)など。
長尾 和宏(ナガオ カズヒロ)
1958年生。香川県出身。1984年に東京医科大学を卒業後、1986年から大阪大学医学部附属病院で診療と研究を行う。1995年に長尾クリニックを開院する。1999年に医療法人社団裕和会長尾クリニックに移行し、理事長に就任する。現在、兵庫県尼崎市の長尾クリニックにて多くの見取りを行う。日本を代表する在宅医療のスペシャリスト。尼崎の町医者として患者からの信頼も厚く、本作の奥田瑛二氏が演じる長野浩平のモデルとなっている。
日本慢性期医療協会理事、日本ホスピス在宅ケア研究会理事、日本尊厳死協会副理事長関西支部長、全国在宅療養支援診療所連絡会理事、近畿在宅療養支援診療所連絡会世話人、(社)エンドオブライフ・ケア協会理事、(社)抗認知症薬の適量処方を実現する会代表理事、(社)日本在宅救急医学会理事など多くの団体、医学会、大学の理事を務める。