日本社会は〈戦争体験〉をいかに受けとめてきたか アジア・太平洋戦争をめぐる思想と文化
  • オンライン講座

  • 山本 昭宏(神戸市外国語大学准教授)
講師詳細

 アジア・太平洋戦争の経験は、戦後日本の思想・表現にとって重要な参照先でした。しかし、体験者の減少により、現代日本社会においては、〈戦争体験〉の存在感が薄れる一方です。本講座では、〈戦争体験〉の諸相を確認しつつ、戦後日本社会がそれとどのように向き合い、思想や表現を紡いできたのかを振り返ります。(講師:記)

①7/29 敗戦後から1960年前後まで
 この時代、日本社会のほとんどの人間が、何らかの意味で〈戦争体験者〉でした。元兵士たちだけでなく、いわゆる〈銃後〉の人たちの体験や、〈外地〉と呼ばれた海外での体験など、多様な体験の厚い層がありました。ここでは、各種の体験を確認しつつ、橋川文三や竹内好や竹山道雄らによる、戦争体験論を主題にします。〈戦争体験〉を思想として定着させることはできるのかという問題を考えた人たちでした。

②8/26 1960年代から90年代まで
 戦争体験を知らない子どもたちが、青年期~中年期を迎えた時代です。年長者としての戦争体験者たちの存在は、若い世代によって、ときに抑圧的にみえることさえありました。世代間ギャップと言ってしまえばそれまでですが、そのギャップを意識しつつ、多様な対話が生まれたこともまた事実です。高度経済成長期とその後の時代を対象に、俳優・鶴田浩二や、映画監督の今村昌平と原一男の作品を手がかりにして、この時代の戦争体験論の特徴を抽出します。

③9/23 2000年代以降 
 非体験者の時代、と言ってしまってもいいかもしれません。戦争を考えるときに、体験世代が直接的な影響力を持つことは、次第に少なくなってきます。こうした時代に戦争を考える際には、過去の証言や記録を参照したり、あるいはそれらに基づいたフィクション作品を鑑賞したりして、戦争を想像することになります。第3回では、こうの史代の作品や『永遠の0』など、2000年代以降のメディア文化作品を取り上げます。

◆「戦争の記憶」関連講座の一覧はこちらをご覧ください。
 https://www.asahiculture.jp/special/shinjuku/memoryofwar

〈ご案内事項〉
・本講座はオンラインセミナーアプリ「Zoom」ウェビナーを使ったオンライン講座です。パソコンやタブレット、スマートフォンで配信を見ることができます。受講者側のお名前や映像、音声は配信されません。
・本講座は受講者全員に後日アーカイブ動画(1週間限定配信)のリンクをお送りいたします。期間内は受講者は何度でもご視聴いただけます
・配布資料がある場合はメールでご案内いたします。郵送はしておりません。
・開講日の前日夜までに受講者の皆様に講座視聴URLとパスワード、および受講のご案内をメールでお知らせいたします。弊社からのメールが届かない事案が発生しておりますため、モバイルメールアドレス(docomo、au、SoftBank、Y!mobileなど)はなるべく使用しないようお願い申し上げます。メールが届かない場合は asaculonline001@asahiculture.com までお問合せください。
・Zoomのソフトウェアを必ず最新版にアップデートの上ご覧ください。
・ネット環境による切断やその他アプリの障害が起きた場合には、当社は責任を負いかねます。 またやむを得ない事情により実施できなかった場合は、受講料の全額をお返しいたします。
・第三者との講座URLの共有や貸与、SNSを含む他の媒体への転載、また、講座で配布した教材を受講目的以外で使用することは著作権の侵害になりますので、固くお断りいたします。
・オンライン講座の申し込みはWEB決済のみで承ります(開講日前日まで)。キャンセルは開講日の4日前まで承ります(手数料550円)。キャンセルの場合はasaculonline001@asahiculture.comまでご連絡ください。その後のキャンセルはできませんのであらかじめご了承ください。

中途受講はできません

この講座は終了しました

注意事項

・本講座はZoomウェビナーを使用したオンライン講座です。開講日の前日夜までに受講者の皆様に講座視聴リンクと受講のご案内をメールでお知らせいたします。メールが届かない場合は、asaculonline001@asahiculture.comまでお問合せください。
・ソフトウェアを必ず最新版にアップデートの上ご覧ください。受講者全員に後日アーカイブ動画(1週間限定配信)のリンクをお送りいたします。

日程
2023/7/29, 8/26, 9/23
曜日・時間
土曜 19:00~20:30
回数
3回
受講料(税込)
会員 9,900円 一般 11,550円

講師詳細

山本 昭宏(ヤマモト アキヒロ)
1984年生まれ。日本近現代文化史・文化学を研究。著書に『戦後民主主義』(中公新書) 、編著に『近頃なぜか岡本喜八』(みずき書林)などがある。